旅順攻囲戦

(施工中)



e0040579_12472256.jpg日俄戰爭聞名的旅順西線制高點「203高地爭奪戰」屬於旅順攻圍戰(此役日軍投入14萬名,日軍死傷59304名。帝俄軍隊23萬名)中典型的攻山頭戰役。

日本聯合艦隊參謀秋山真之少佐的建議該高地是炮擊躲在旅順港中的俄國艦隊最佳的戰略觀測點且也是旅順包圍戰中的重要關鍵。

因此日俄兩國在此地展開犧牲慘烈的爭奪戰。 1904年11月由日本日本陸軍第7師団(旭川)在僅僅5天的時間由1萬5千人耗減為1千人就可知戰事的慘烈程度。

乃木希典的長子乃木勝典中尉已於5月27日傍晚5點30分因戰受傷死於第二軍(由遼東半島鹽大澳登陸)南山戰役此役日軍死傷4387名並獲勝。

7月に入り、ロシア軍の前進陣地の攻撃を開始。8月には死傷者1,000人以上を出したが、旅順要塞の包囲が完成した。

8月19日、日本第三軍は、旅順要塞に10万発以上の前例の無い大砲撃を加えたのち、要塞東北部への突撃を開始する(第一次旅順総攻撃)。しかし、砲撃のほとんどが山砲・野砲など小口径のものであったため保塁・砲台はさほど破壊されておらず、そこへ突撃していく日本軍は多大な損害を被った。

それでも、盤竜山の東保塁・西保塁を占領したが、砲弾が尽き、死傷者数が激増したため攻撃を中止した。この攻撃で日本軍は戦死者5,000、負傷者10,000の大損害を受けた。これはほぼ一個師団分の兵力である。




乃木らは、突撃による攻撃では要塞陥落はできないと判断。要塞前面ぎりぎりまで塹壕を掘り進んで進撃路を確保する戦法に切り替える(正攻法併用による攻撃計画の策定)。


9月には敵主防御線の前面に存在する前進陣地の攻略を目的とした攻撃(総攻撃ではない)を行い、龍眼北方保塁・水師営周辺の保塁群・南山披山など、203高地以外の戦略目標の占領に成功する。

經四天惡戰,日軍攻下水師營南堡壘幾個小炮臺,而主攻目標203高地卻久攻不下。乃木希典心急如火,以致病倒在床。

無奈於9月22日下令停止攻戰。這次總攻,日軍死傷7500人,俄軍傷亡4450人。

e0040579_23171250.jpg第一回総攻撃失敗後、大本営は、有坂砲で有名な有坂成章少佐の発案で、日本の主要な港に配備していた二八センチ榴弾砲(当時は二十八糎砲と呼ばれた)を送り込む。

通常はコンクリートで砲架(砲の台座のこと)を固定しているため移動が難しく、まして戦地に設置するのは困難とされていたが、工兵の努力によって克服している。

10月26日、二八センチ砲も参加し、第二回旅順総攻撃を開始。その前に旅順港の一部が見渡せる観測点を確保していたので(南山披山の占領)、旅順港に対する砲撃も行い旅順艦隊に損害を与える。しかし、要塞の主要な防衛線を突破するには至らず、要塞攻略は失敗。戦死者1,000を数えた。

10月バルチック艦隊がウラジオストックに向かったという報を受け、陸軍は海軍から矢のような催促を受けるようになる。


之後,從10月30日至11月2日,日軍發動第三次總攻,主攻東線制高點----望臺山和東雞冠山,也未成功。

1904年11月26日,乃木希典下達第四次總攻擊令。令所屬的3個師分頭攻打松樹山堡壘和東雞冠山炮台,久攻不下後,乃木把剛從國內增援來的第七師全編到第三軍裏,投入4個師近10萬人的兵力,想盡快攻下東線制高點,仍不能取勝。

乃木後來改變戰術,從四個師抽調3000名精壯士兵,組成6個敢死隊,隊員右臂纏上白布作標誌(日軍稱之為“白襻隊”),向松樹山西麓強攻。

11月28日,戰場指揮官乃木希典大將駕著機槍逼迫日軍以「白兵肉彈」戰術衝鋒肉搏,並敢死隊奪取203高地(今旅順的白玉山)。命令士兵只准前進,不得後退,否則一律就地擊斃。

出發前,乃木在水師營東北一個高地親自接見隊員,並提出嚴厲要求:不期生還,決死戰鬥;臨陣脫逃,斬殺不赦。

傍晚,在炮兵掩護下,敢死隊出動。晚上,日軍敢死隊借著月光,跨越戰壕衝入俄松樹山第四堡壘。日軍大部掉落俄軍壕溝陷阱中。

俄軍利用探照燈掃瞄,以馬克沁重型機關槍射殺敢死隊,雙方激戰,白刃格鬥。

爭奪至次日淩晨2時,敢死隊死傷過半,“白襻隊”的突擊不能成功,餘部撤回。

203高地爭奪戰日軍戰死5052名,且日軍戰場指揮官乃木希典的次子乃木保典少尉於11月30日戰死於此役中的203高地西北坡(在戰死之地豎有一碑」乃木保典君戰死之所」)。

e0040579_23501218.jpg最後激戰由第七師團,並第一師團殘存部隊主攻,之後戰術由滿州軍總參謀長兒玉源太郎定案日軍28個連隊採舟波性的攻擊,每隔15分鐘部隊接連衝鋒。

満州軍総司令官大山巌の承認児玉源太郎を得て第三軍司令官乃木希典大将の指揮権に介入し、作戦を成功に導いたとされる。

児玉源太郎は乃木が攻めあぐねていた203高地に対し火力の集中という要塞攻撃の常道を行うため、もともと海岸防衛用の恒久据え付け砲で移動が困難な28センチ榴弾砲を、敵陣に接近した場所まで1日で配置転換を行うという奇抜な作戦を取ったとされる。

日軍於1904年12月5日拂曉攻擊開使先是由炮兵重炮(當時從日本東京及大阪190門海岸防衛用的大口徑直徑28cm的霰彈重炮中緊急運來18門支援旅順第三軍,一發炮彈有300kg重。

203高地の戦いを含む旅順攻略戦では18門がこの戦いに参加、16940発を発射した。(類似重炮臺灣日治時期基隆港邊警局消防隊上邊的山頭也配置,直到1970年代才拆除)轟擊山頂俄軍陣地。


e0040579_12244519.gif短短的兩百多公尺小山坡日軍動員六萬多人、發射砲彈一萬多發,連山頭都被削平達三公尺,可見戰況之激烈。

當時帝俄守軍擁有日軍所沒有的先進武器:手榴彈與馬克沁重型機關槍。

而俄軍方面遼東地區總司令官是施特塞爾中將,旅順要塞司令官是史密魯諾夫中將,旅順港司令官為古雷葛勒維其少將,旅順要塞陸上防衛指揮官為肯德拉切夫少將。旅順地區全部帝俄守軍約42000名,大炮640門,軍營52處。

轟擊中第二十七連隊集成第三中隊衝鋒佔領203高地西南山頂,接著第二十八連隊集成第一中隊肉博衝鋒佔領203高地東北山頂,傍晚再由集成第二十五連隊攻克203高地中央山頂。

守衛高地的俄軍全部壯烈戰死。日軍戰場記錄顯示,當日軍攻下203高地之西南山頂,東北山頂,及中央山頂時,山頂俄軍陣地幾無一人存活,俄軍戰至最後一兵一卒。

12月5日由日軍佔領203高地後由永野修身上尉指揮的陸軍(多為水兵移籍補充)以炮擊消滅了俄國東洋艦隊。

12月15日、ロシア軍内の人望高かったロマン・コンドラチェンコ少将が戦死したことでロシア軍の士気は非常に落ち込み、首脳部においても抗戦派は勢いを失う。12月31日未明より日本軍は重要拠点である望台への攻撃を開始、1905年1月1日にロシア軍は降伏を申し入れた。

1月5日、旅順要塞司令官施特塞爾アナトーリイ・ステッセリと乃木は旅順近郊の水師営で会見し、互いの武勇や防備を称えあい、ステッセリは乃木の2人の息子の戦死を悼んだ。この様子は後に文部省唱歌「水師営の会見」として広く歌われた。



白兵突擊是日軍在進行白刃戰時所喊的口令的成功戰例,助長了日軍作戰指導思想中濃厚的唯意志論傾向,以至於把“刺刀突擊、白刃決勝”稱為是“攻擊精神”的結晶。

日本軍人從入伍起,就接受日軍白刃戰天下無雙的教育,無論從精神上 還是在訓練上都格外注重白刃格鬥(銃劍術)。

所以在整個戰爭中,日軍的這種自信貫穿始終,也就引發了所謂大規模的 "萬歲衝鋒(banzai charge)",事實證明在優勢的自動火力面前通常都是死傷慘重。

由於日俄戰爭乃木希典使用「白兵肉彈」戰術致日軍死傷慘重,戰死2個兒子,還引發乃木希典自殺請罪之念。

在戰後,由於受到司馬遼太郎作品《坂上之雲》的影響,有論者開始評價在二戰前與東鄉平八郎一起被多數日本人奉為「軍神」的乃木希典是無能的「愚將」。不過對於乃木希典能力的爭論至今仍然持續。

ロシア軍の敗因として、ビタミンC不足が原因の壊血病による戦意喪失が一因として挙げられている。
by cwj36 | 2008-10-06 16:57 | 【日本幕末維新】


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31