Total War Türkiye :Empire: Total War 新圖

e0040579_1494130.jpg



第14師団(だいじゅうよんしだん)は、大日本帝国陸軍の師団のひとつで、師団司令部は宇都宮に置かれた。日露戦争で日本は従来の師団すべてを動員したため、本土駐留師団がなくなる事態となった。そこで第14師団を含む4個師団が創設された

歴代師団長
土屋光春 中将:1905年(明治38年)7月6日 - 1906年7月6日
鮫島重雄 中将:1906年(明治39年)7月6日 - 1911年9月6日
上原勇作 中将:1911年(明治44年)9月6日 - 1912年4月5日
山田忠三郎 中将:1912年(明治45年)4月12日 - 1916年1月21日
栗田直八郎 中将:1916年(大正5年)1月21日 -
白水淡 中将:1919年(大正8年)11月1日 -
朝久野勘十郎 中将:1921年(大正10年)6月3日 -
鈴木孝雄 中将:1924年(大正13年)2月4日 -
大島又彦 中将:1924年(大正13年)8月20日 -
宮地久寿馬 中将:1926年(大正15年)3月2日 -
松木直亮 中将:1929年(昭和4年)8月1日 -
畑俊六 中将:1933年(昭和8年)8月1日 -
末松茂治 中将:1935年(昭和10年)12月2日 -
土肥原賢二 中将:1937年(昭和12年)3月1日 -
井関隆昌 中将:1938年(昭和13年)6月18日 -
喜多誠一 中将:1940年(昭和15年)3月9日 -
川並密 中将:1941年(昭和16年)10月15日 -
野田謙吾 中将:1942年(昭和17年)12月1日 -
井上貞衛 中将:1943年(昭和18年)10月1日 -


歩兵第2連隊(水戸):中川州男大佐(戦死後中将)
第1大隊:市岡秀衡大尉
第2大隊:富田保二大尉
第3大隊:原田良雄大尉
砲兵大隊:小林与平少佐 九十五式野砲4門
九十一式10cm榴弾砲4門

工兵中隊、通信中隊、補給中隊、衛生中隊

歩兵第15連隊(高崎):福井義介大佐
第1大隊:今野義雄少佐
第2大隊:飯田義栄少佐
第3大隊:千明武久大尉
工兵中隊、通信中隊、衛生中隊

歩兵第59連隊(宇都宮):那須弓雄

第1大隊:後藤丑雄少佐
第2大隊:中森玲司郎少佐
第3大隊:小松恭一郎大尉
砲兵中隊:近藤嘉奈夫大尉
工兵中隊、通信中隊、補給中隊、衛生中隊

第14師団戦車隊:天野国臣大尉
第14師団通信隊:平原辰雄大尉
第14師団兵器勤務隊:
第14師団経理勤務部:岡林直樹主計大佐
第14師団野戦病院:羽田野義夫軍医大佐
第14師団防疫給水部:鈴木泰軍医大尉


1932年(昭和7年)
3月 - 第一次上海事変に関東軍隷下で参加。5月 - 満州事変が起こり北満に転戦する。水戸歩兵第2連隊第2大隊は熱河作戦に就く。1934年(昭和9年) - 帰還する。

1937年(昭和12年) - 盧溝橋事件が起こり日中戦争が始まると師団は華北戦線に投入され、永定河渡河作戦に就く。その後、保定、山西、徐州と転戦する。


寺內壽一包圍網

李宗仁的雜牌軍傳來台兒莊捷報,民心大振,人們紛紛上街歡呼、放爆竹慶祝,蔣介石在武昌官邸聽到街上的喧鬧聲,面露不悅之色,說:「有什麼可慶祝的?叫他們走遠點,不要在這裏胡鬧。」。


1938年4月,蔣介石他匆忙把他的20多萬中央軍調到了徐州戰場,企圖借李宗仁等在台兒莊「大捷」的餘威,和日軍在徐州決戰,總兵力高達60萬。


中國軍隊在徐州地區的大量集結,北支那方面軍司令官寺內壽一認為這正好是消滅中國軍隊主力的好機會,提出將国民党軍主力包圍撃滅的計畫,但是被日本參謀總部拒絕,日本參謀總部採取不擴大方針,全面持久戰思想來指導戰爭,以8月之前絕不發動新作戰為原則,專門進行兵團的新設、整頓和軍紀整肅。

寺內壽一認為蔣介石主力自動集結,機不可失,對參謀總部消極戰略大為不滿與中支那派遣軍司令官畑俊六合作,聯合向日本大本營督促施壓要「徐州付近の敵を撃破」,參謀總部無奈作戦部長橋本群少将與他們協調,再次傳達不擴大方針,但「尊重」前線指揮官意見讓前線部隊推進。

作戦前會議,參謀總部、北支那方面軍、第1軍都不同調,北支那方面軍第1軍司令官香月清司中將配合不擴大方針就主張為了將來入侵武漢應該先占領河南省會開封(按照日軍的傳統占領中國省會是極為榮耀的事情,天皇會親自授勛),但是寺內壽一認為重點是在徐州完全殲滅中國軍隊,佔領開封根本不重要。

這下子身為前線指揮官的北支那方面軍司令官寺內壽一可樂了,不擴大當成不重要,「尊重」我,我就開打,立即調整部署,華北出兵5個師團,華中出兵3個師團,共20萬人。5月初,日軍迅速集結10多個師團30多萬人向徐州地區夾擊。

北支那方面軍統轄包括第一、第二軍共8個師團以及航空兵團約150架飛機。北支那方面軍第1軍司令官香月清司這時在山西掃蕩,戰力吃緊,硬是抽調出第1軍第14師團和第16師團去一線支持作戰。

第14師團師團長是土肥原賢二,他是日軍中最著名的中國通。建立偽滿洲國也是他的傑作,中國軍閥閻錫山等為同學,交往非常密切。

為配合徐州會戰,任務是切斷徐州中國軍隊之西面退路和阻止中國第一戰區軍隊增援徐州,首要任務就是立即占領商丘(帰徳)。

寺內以南線作戰兵力不足為借口拍皇族馬屁,將中島今朝吾的第16師團劃歸第2軍東久邇宮稔彦王中将指揮,用在徐州南線的作戰。第14師団の黄河渡河を援護する予定だった酒井支隊(酒井隆少将・第14師団所属)は、突然配屬實第2軍に配属され、第16師団の援護に転用されてしまった。

對於方面軍司令部寺內壽一的措置讓第1軍司令部驚愕萬分,香月清司差點氣到吐血。第1軍西線只有14師團一個師團作戰。僅僅1個第14師團3,4萬兵力進入中國軍重兵駐紮的河南作戰有著相當大的危險。

日本軍

北支那方面軍 - 司令官:寺内寿一大将


第1軍 - 軍司令官:香月清司中将→梅津美治郎中将

第14師団 - 師団長:土肥原賢二中将

第2軍 - 軍司令官:東久邇宮稔彦王中将

第5師団 - 師団長:板垣征四郎中将
第10師団 - 師団長:磯谷廉介中将
第16師団 - 師団長:中島今朝吾中将
第114師団 - 師団長末松茂治中将(後方警備)
混成第3旅団・混成第13旅団 (関東軍から増援)

臨時航空兵団

中支那派遣軍 - 司令官:畑俊六大将

第3師団 - 師団長:藤田進中将
第9師団 - 師団長:吉住良輔中将
第13師団 - 師団長:荻洲立兵中将
岩仲挺進隊(戦車第1大隊基幹)

佐藤支隊 - 長:佐藤正三郎少将(第101師団から派遣)
坂井支隊 - 長:坂井徳太郎少将(第6師団から派遣)

海軍部隊 (連雲港に上陸)


5月12日、孤军深入的第14師団は独力で黄河を渡り、蘭封を目指した。

寺內壽一大將命令14師團必須立即占領商丘(帰徳),但第1軍軍長香月清司認為必須首先占領蘭封(中國現稱為蘭考縣〉確保補給,不然他的機動車輛會成不能動的廢鐵

當時日軍第108師團已經控制了黃河以北的東壩頭,和蘭封僅僅一條黃河相隔。一旦占領蘭封附近的渡口,以14師團極為強大的運輸能力和工兵能力(搭建浮橋),那麽最為重要的補給線也就建立了。

一旦有了足夠補給和彈藥,14師團在河南東路大平原上,一個師團3,4萬人以火力和機動性的極大優勢,對抗10萬國軍也完全沒有問題。

香月清司認為開封周圍不適合防守,一旦占領蘭封,日軍只需要調動重兵作出攻擊開封的樣子,此處國軍按照一般軍事常識不可能死守,恐怕就要放棄開封撤退了。

所以14師團占領開封是不費吹灰之力的事情。

香月清司的抗命

香月清司心裏的如意算盤打的很好,但寺內壽一大將並不知道這一切。他如果知道香月清司的想法。必然氣的將胸口錘到爆裂,他是絕對不會同意這種打法的。

在寺內壽一看來,第1軍應該不惜一切代價占領商丘,切斷國軍從徐州向西的撤退路線。只要能夠殲滅徐州附近60萬國軍主力,那麽中日戰爭十有八九就會結束,國民政府無兵可用就只能投降。就算不投降,日軍隨即南下在極短時間占領湖北,湖南,廣西,廣東,在寺內壽一看來,是否能夠完全圍殲徐州附近國軍,在於能否及時占領商丘(帰徳)。如果想徹底切斷國軍退路,必須占領河南東部重鎮商丘(帰徳)。

寺內壽一兵圍徐州之勢也只差商丘這個缺口

北支那方面軍寺內壽一は、再三命令第14師団往商丘方向東進、由於對方面軍司令部の統率に不満を募らせていた第1軍司令部はこれを拒絶し続けた。這次輪到寺內壽一差點氣到吐血......

5月19日、徐州が攻略され中国軍主力は脱出したことがわかると日本軍は追撃にうつり、第1軍の蘭封攻撃が認められた。第1軍司令官香月清司果然執行了自己的想法,沒有遵從寺內壽一的命令。14師團果然幾乎無法獲得任何補給,緊靠自己隨軍輜重部隊維持。尤其汽油和柴油供應極為困難,大小車輛恐怕再有最多一周時間,就要全部趴窩不能動彈。

如果此時擅自向商丘(帰徳)地區進發,一旦被國軍包圍,補給又斷絕,恐怕又要重蹈臺兒莊戰役的結局,被重創或者全軍覆沒。

ところが、内黄の第14師団では補給線が攻撃にさらされて食料・弾薬が不足していた。

そこで、歩兵第59連隊で蘭封を攻撃して牽制し、師団主力は南から迂回して隴海線を遮断、陳留口(黄河の渡河点)を確保して補給を受けることにした。

蘭封會戰

e0040579_1412599.jpg


15日,14師團才占領菏澤。而僅僅一天後的5月16日,日軍在徐州的包圍圈馬上要形成時,第五戰區司令官李宗仁發現自己的主力部隊被包圍在徐州的危險,已經下達徐州國軍的總撤退令。

次徐州大撤退對此寺內壽一大將極為惱怒,如果14師團不能順利占領商丘(帰徳)蔣介石的步隊就全逃跑。

為了保證徐州大撤退的順利進行,已經制定了務必殲滅或重創14師團,同時蔣介石認為日軍為了救援14師團不被全殲,必然被迫放棄棄封死國軍國軍西撤道路的計劃。

5月21日に行動を開始し、師団主力は中国軍戦車を撃破しながら隴海線を遮断した。

徐州國軍的總撤退令其中,宋希濂率71軍2個師也就是87師和88師很快趕到蘭封。71軍下轄的這兩個師,也就是著名的德械師,是中央軍曾經最為精銳的部隊。

,中國第一戰區司令長官程潛為將突出之孤軍日軍第14師團殲滅於內黃、儀封、民權之間,

命第29軍團軍團長李漢魂指揮第74軍和第64軍的第155師為東路軍,
從帰徳(商丘)西進;

命第27軍軍長桂永清指揮第71軍為西路軍,從蘭封東進,

命第3集團軍孫桐萱部及第20集團軍商震部為北路軍,

在定陶、菏澤、東明、考城(今蘭考東北固陽)附近切斷日軍退往黃河北岸的通路。

同時命第8軍軍長黃傑指揮第8軍、第94軍的第187師及第24師等部堅守碭山、商丘,阻止由徐州沿隴海路西進的日軍。

第一戰區的部隊開始向日軍第14師團發動進攻。1937年由王耀武第51師合編而成第74軍,74軍不久參加淞滬會戰。國軍唯一一支機械化部隊200師的T-26也協助步兵作戰。他們派出副師長邱清泉帶一個坦克營、一個裝甲搜索營來到蘭封助戰。

5月21日在取得對日小勝後,桂永清、邱清泉2位「德國將軍」便大肆吹噓報功,桂永清第27軍裝備精良,甚至有一個德式戰車營的支援,這是連日軍的師團也未必有的,

桂永清棄城

第14師團集中力量向楊固集、雙塔集地區攻擊,宋希濂36師被擊退以外,61師師長鐘松和旅長鄧宗梅都被日軍包圍,最後在友軍協同下,才僥幸脫險。邱清泉可憐的坦克部隊更是損失了一半以上兵

第27軍陣地被突破,桂永清竟率領所屬部隊退向開封、杞縣。桂永清深知蘭封的重要性,所有國軍都可以撤退,就是蘭封不能撤。但是儘管如此,他也不能死,所以他叫傳令兵命令88師師長龍慕寒,讓他必須死守蘭封。

此時龍慕寒認為部隊傷亡太大,蘭封很重要但死撐下去蘭封也肯定守不住,不如乘著現在傷亡還不算太多,先一步突圍出去。隨即,龍慕寒23日夜擅自棄城逃走。

邱清泉部下的裝甲戰車跑得更快,一溜煙地駛離戰場,往蘭封以西的地方逃去了。

5月23日,土肥原師團便派一個加強旅團在坦克大炮的支援下,向蘭封城展開了致使日軍於24日不戰而占領隴海路上的戰略要地蘭封。

土肥原派那須弓雄的59聯隊配屬列車砲(仏製24cm)蘭封以南,發動攻擊。蘭封城落城~

土肥原留下那須弓雄的59聯隊後據續攻打其他據點

三義寨円陣

中國統帥部對蘭封的失守大為震驚

憤怒無比的薛岳向國民黨中央軍委會提出了控告。要求軍法處置桂永清。

蔣介石在23日當晚打電話,給蘭封地區總指揮27軍軍長桂永清,對其一頓臭罵!桂永清把責任全推給龍慕寒不死守蔣介石:限兩天之內攻克蘭封,否則軍法從事。


蔣介石於24日令第一戰區第19集團軍總司令薛岳指揮俞濟時第74軍、李漢魂第64軍、宋希濂第71軍、桂永清第27軍由東向西,命第17軍團長胡宗南由西向東包圍蘭封、羅王寨、三義集、曲興集一帶的日軍第14師團,於25日開始奪回蘭封進攻。

同時還告誡各軍將領:「此次蘭封會戰,關系整個抗日戰局,胡、李、俞、桂、宋各軍,應遵照薛總司令所示任務,務於本月25日午後6時30分全線總攻,務須於明26日拂曉前將蘭封、三義寨、蘭封口、陳留口、曲興集、羅王寨地區間之敵殲滅。如有畏縮不前、攻擊不力者,按律嚴懲;如戰役中建殊勛或殲敵俘獲最多者,當特予獎給。希飭所部凜遵勿違為要。”」

第一戰區薛岳豫東兵團一度調集幾個軍的兵力,將第14師團團團包圍。蒋介石は第14師団の殲滅を厳命したが、中国軍は連日の猛攻撃でも攻めあぐねていた。

東路南路猛烈攻擊日軍,將日軍防禦的那須弓雄59聯隊包圍,5月24日、師団主力は渡河点を確保し第59連隊の救出に向かったが、蘭封の中国軍は損害の増加により撤退したあとだった。

第71軍即奪回了蘭封車站。
26日,第74軍奪回了羅王車站,第71軍猛攻蘭封外圍日軍陣地。
27日,第64軍攻占羅王集,第71軍在攻占蘭封外圍許多要點後收復了蘭封。

日軍第14師團主力收縮至三義寨附近,被中國軍第1戦区予東兵団(12個師)團團包圍。第14師団は黄河を背にして円陣を敷いた。

蘭封包圍網崩潰

5月26日、中国軍は第一次総攻撃を開始、石家莊的第1軍司令官香月清司中將極為緊張,硬著頭皮向北京的寺內壽一要求緊急支援。

師団は防戦しつつ救援を要請した。寺內壽一同參謀長岡部直三郎研究後於5月28日確定,令第2軍已在西進追擊徐州撤退國軍的第16、第10師團,混成第3、第13旅團立即放棄現有作戰計劃。全軍不再管徐州撤退的國軍,而是立即不計傷亡,急速向蘭封方向增援。

戰鬥正激烈進行,據程潛預計,再有兩三天的時間,就有全殲土肥原的可能,不料正在這千鈞一發的時候,守商丘的第八軍黃杰所部黃杰的第5軍下轄40師,187師,24師。面對日本第16師団又不戰而逃了。

黃杰守軍還未與日軍先頭部隊交火,一槍未放就放棄了商丘,讓位於商丘和蘭封一帶的中國軍隊又處於被日軍東西夾擊的危險境地。

黃傑是黃埔生,老蔣的愛將。他逃跑的「理由」竟然是電台被炸,無法與第一戰區聯繫。

但當日軍於28日向第27軍陣地反擊時,桂永清又一次“獨斷命令各部隊向楊固集、紅廟間地區轉移陣地,沿途拋棄無線電機及武器彈藥,情形頗為混亂”。

方面軍では、第14師団の救出を理由に開封攻略が承認され、第16師団が帰徳から杞県(蘭封の南)へ向かった。

5月31日、第16師団が杞県へ進出したため、中国軍は第14師団の包囲を解いて転進した。蔣介石在5月31日下達了豫東部隊的總撤退令。

千古笑柄

有桂永清、黃杰這種黃埔軍魂,
此役國軍以10個師包圍日軍1個師團,最終卻全盤崩潰,蔣介石稱「蘭封會戰」:“蘭封附近之敵,最多不過五六千之數,而我以12師兵力圍攻不克,不僅部隊複雜,彼此推諉,潰敗可虞;即使攻克,在戰史上亦為一千古笑柄。」為「千古笑柄」。

6月3日,日軍第16師團攻占杞縣、通許、陳留,新編第35師師長王勁哉放棄蘭封。4日,日軍第14師團占領蘭封後繼續向開封進攻宋肯堂率防守开封的第141师(欠第4旅,附税警旅)退走,開封失守。。

第13師団の暴走により包囲網が崩れたと評したが
香月中将不顧截斷徐州後路的再三作戰指示,擅自命令第十四師團西進開封,導致蘭封會戰的爆發和放跑了徐州50萬中國軍隊,1938年6月4日被解除軍職,7月20日退為預備役。

日軍將蘭封會戰算入徐州會戰的一部分,

蔣介石發布處罰命令,撤銷桂永清27軍軍長職務取消27軍番號,,88師師長龍慕韓黃埔一期生被押送回武漢槍決,這也是第一個被處死的中央軍高級軍官。

防禦黃河渡口一線作戰不利,導致陣地接連失守的46師師長李良榮降為上校,戴罪立功。

第8軍軍長黃傑和187師師長彭林生撤職查辦取消了第8軍的番號。

花園口決堤


日軍第14師團及第16師團的西進嚴重地威脅了第一戰區司令長官部所在地鄭州及平漢路的安全。當時第一戰區雖然擁有近30個師的數十萬軍隊,而且大多為中央嫡系的所謂主力部隊,卻抵抗不了日軍2個多師團的西進。蔣介石決定決6月9日黃河堤,制造水障,以阻止日軍西進。蔣介石為逃避責任,發動宣傳機器,宣傳是日軍飛機炸毀了黃河大堤。
中牟に進出していた第27旅団(歩兵第2連隊・歩兵第59連隊)や尉氏の第16師団は浸水により孤立した。このため第2軍司令部が工兵隊を派遣し、部隊は鉄舟により救助された。また、工兵部隊は堤防の修理や住民の救助にもあたった[22]。

災,豫、皖、蘇三省淹水80多萬中國人民,共有390萬人背井離鄉,還造成河南大饑荒
軍第14師團6月7日攻占中牟,派騎兵聯隊於10日炸毀鄭州以南的京漢鐵路;第14師團的一部被洪水圍於中牟縣城。日第2軍組織了1個工兵聯隊、6個工兵中隊的救援隊,用大批舟艇援救其被困部隊。


1939年(昭和14年) - 帰還した後、満州への移駐が計画される。
1940年(昭和15年) - 斉斉哈爾に移駐する。
1940年(昭和15年)8月 - 三単位師団へ改編、松本歩兵第50連隊は帰還して第29師団の隷下となる。同年8月から師団の衛戍地は満州となって永久駐屯することになり第51師団が編成されたが、第14師団の補充地は宇都宮のままだったので、除隊後に宇都宮に帰郷した兵達が、満州の食文化である焼餃子を地元に広めたといわれている(餃子参照)。
1941年(昭和16年)9月 - ノモンハン南のハンダガヤに移駐する。
太平洋戦争が始まると、1943年(昭和18年)に大本営が策定した絶対国防圏の防衛のため満州駐剳師団が南方へ転用されることとなり、師団はパラオ諸島へ向かった。

帛琉,主力大部駐紮在佩里硫島上。

1944年(昭和19年)

9月15日 - 米軍第1海兵師団(ルバータス少将配下の約28,000名)がペリリュー島南西海岸からの上陸作戦を開始、守備隊の水戸歩兵第2連隊第2大隊(富田隊長配下の約650名)と高崎歩兵第15連隊第3大隊(千明隊長配下の約750名)等が応戦する。

9月16日 - 米軍がペリリュー島の飛行場設備を制圧、富田隊長および千明隊長が戦死。

9月17日 - 米軍第81歩兵師団(別称・山猫部隊など約21,000名)がアンガウル島への上陸作戦を開始、宇都宮歩兵第59連隊第1大隊等(後藤隊長配下の約1,200名)が応戦する。9月19日 - 米軍がアンガウル島の中心部を制圧、これ以降はゲリラ戦となる。

9月22日 - 歩兵第15連隊第2大隊(飯田隊長配下の約1,200名)がペリリュー島への敵前上陸を敢行、約500名がペリリュー島守備隊に合流する。10月19日 - アンガウル島でゲリラ戦を展開してきた後藤隊長以下守備隊100名余が夜襲を決行して戦死、アンガウル島守備隊は全滅する。

日本に生還したのは約50名。11月24日 - ペリリュー島の中川州男守備隊長(歩兵第2連隊長)が軍旗を奉焼して自決する。ペリリュー島でゲリラ戦を展開した歩兵第2連隊および第15連隊等の守備隊が全滅。日本に生還したのは米軍捕虜等となった約500名。

1945年(昭和20年)8月15日 - 主力部隊はバベルダオブ島で終戦を迎える。
[PR]
by cwj36 | 2009-02-18 19:18 | 資源回收


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30