ETW海盜船出現啦

13師団(だいじゅうさんしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。

日露戦争中の1905年(明治38年)と、日中戦争勃発後の1937年(昭和12年)に編成された。
日露戦争末期の1905年(明治38年)4月、従来の師団総てを動員した為、本土駐留師団がなくなる事態となった。そこで第13師団を含む4個師団が創設された。

軍部は日露戦争の講和を有利に運ぶ為に樺太占領を企て、第13師団が投入された。独立第13師団として編成された師団は7月7日に樺太に上陸すると北上を続け、8月1日には駐樺太ロシア軍が降伏した為、占領を完了した。これにより、講和条約であるポーツマス条約によって樺太の南部即ち南樺太は日本領に編入された。




1908年(明治41年)11月6日、師団司令部は高田新庁舎に移転[1]。1913年(大正2年)4月12日、師団司令部は満州遼陽に移転した。1915年(大正4年)6月3日、師団司令部は高田市に帰還した。

師団はその後朝鮮駐剳を経て1920年(大正9年)のシベリア出兵に動員された。しかし、大正年間には続く戦役によって政府は財政難となっており、1925年(大正14年)に加藤高明内閣で行われた所謂「宇垣軍縮」によって4個師団の廃止が決まり、第13師団も第15・第17・第18師団と共に廃止された。
、日本騎兵の父秋山好古大正2年(1913年)1月15日:第13師団長に異動。

余談として、1910年より蒋介石が野戦砲兵(高田)として一時期、在籍していたことがある。 また、長岡外史が第13師団長だった1911年(明治44年)1月12日、オーストリア=ハンガリー帝国の軍人だったテオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐から、師団のスキー専修員にスキー技術を伝授された。(これが日本におけるスキー発祥と言われている。)

日中戦争が勃発すると日本本土から次々と師団が中国大陸に派遣され、同時に従来の常設師団から新たに特設師団が編成された。第13師団も、1937年(昭和12年)9月10日に留守第2師団の担当で復活し、上海派遣軍司令官松井石根大将の要請により、第9師団および第101師団とともに第二次上海事変の増援軍として上海戦線に赴いた。


上海戦の後は南京攻略戦に投入、1938年(昭和13年)2月14日には新設された中支那派遣軍戦闘序列に編入され徐州会戦を戦い、7月4日には第2軍に編入武漢作戦に参戦した。その後11月9日に第11軍に編入され、中国戦線でのさまざまな作戦に参戦した。

富金山戰役


9月3日,日軍第13師團在飛機、坦克和炮兵掩護下突破了國民黨71軍的警戒陣地后直撲國軍第36師堅守的主陣地富金山。

國軍71軍的軍長宋希濂(原第三十六師中將師長宋希濂被俘投共後移民美國被國民黨稱為“鷹犬將軍)深知,富金山一線是整個戰線的關鍵所在,一旦失守日軍將長驅直入,乘36師的身後國軍後續部隊還在集結之中,還來不及組織有效防禦之機直入武漢城下!因此,可以說36師在富金山每堅持一天甚至一小時都是非常寶貴的!

從9月3日上午10時開始,日軍投入第26旅團主力,在24架飛機和全師團炮火支援下,向富金山連續發起猛攻,但均被國軍36師擊退。


固始縣的富金山第13師團受到國軍強有力的抵抗,傷亡很大,更慘的還有更多的非戰鬥傷亡。據日軍第2軍“陣中日記”記載:大別山北麓的霍山、六安、葉家集地區,在8月28、29、30、31這4天內,全為晴天,氣溫高達華氏110度以上(攝氏43度),以致部隊在行軍和作戰中,連連發生中暑暈倒而被送至沿途及後方開設的急救站。

禦富金山的,是大名鼎鼎的宋希濂的中央軍71軍個71軍也就是之前所謂的中央軍德械師組成的精銳部隊,他下轄87師、88師、36師三個德械師。德械師損失很大,除了老兵以外,德式武器的損失無法彌補,德械師也就逐步消亡了。上圖的機關炮,下圖的德式反坦克炮,壞一件少一件,就算武器沒壞,彈藥打光了也就成廢鐵了。歷史告訴我們,靠軍售是無法建立一支真正意義上的軍隊,一個國家的軍隊要強大,必須立足於自產。


本來連日陰雨造成13師團行軍作戰困難,沒想到天氣轉晴以後,更可怕的事情又發生了
太平洋戦争開戦後も第11軍隷下華中に在り、1944年(昭和19年)には大陸打通作戦第二段の湘桂作戦に参加して広西省に進攻、9月11日に全県を攻略し、11月1日には桂林第2・第3飛行場を占領した。

9月2日上午10點,24架日機飛臨富金山,狂轟守軍陣地。9月2日夜,日軍第13師團強渡史河,進攻富金山。宋希濂指揮部隊頑強阻擊,戰鬥十分激烈。第71軍第36師師長陳瑞河親率預備隊猛烈反擊,在敵人面前沒有後退半步。兩天的激戰,日軍未能打開富金山大峽口,一怒之下又調來兩個大隊,會同第10師團希望能從左翼突破富金山陣地。富金山炮聲隆隆,終夜不息。宋希濂對守軍說的最多的一句話是:「狠狠地打!」中國守軍炮兵,雖居高臨下,卻無法給予日軍毀滅性打擊。

最初以26旅團沼田重德少將指揮整整

  一個旅團猛攻36師陣地。但沼田少將的七八千人被陳瑞河頂住

  了,荻洲見2天未能打開富金山大峽口,一怒之下,又從103山

  田旅團調過2個大隊,匯同第10師團的2個大隊一起加強給沼

  田少將,希望能從左翼突破富金山陣地。


到9日,第36師連還能開槍的輕傷員算上,僅千人了。宋希濂親自到陣地上,告訴陳瑞河:“36師要永遠站着,絕不能趴下。狠狠地打,弟兄們才能死而無憾。”敵第13師團在葉家集以西的陣地上儘管全力攻擊,可在守軍的頑強抵抗下,也傷亡過半。

11日,富金山全線遭敵猛烈炮火轟擊,戰鬥極為慘烈,守軍傷亡極大。主陣地相繼丟失,各部仍在頑強抵抗,雖欲奪回陣地,但已力不從心。日軍施放毒氣,掩護步兵向富金山突擊。守軍陣地成為一片焦土,日軍撲向西南,包抄第71軍後路,守軍得到命令,放棄富金山陣地。師團長荻洲立兵下令必須9月7日占領富金山,眼見全天戰鬥屢攻不克,日軍一線最高指揮官26旅團旅團長沼田德重急的團團轉。


整整10天,第71軍阻強敵於富金山下,日軍的進攻部隊損失過半,死傷近萬。中國守軍也傷亡不小,僅第36師就由參戰前的1萬多人,銳減到八九百人。整個部隊被打殘了,但第71軍最終阻遏了日軍侵略的瘋狂勢頭。

日軍第13師團從11日凌晨起,傾全力猛攻。9時許,日軍從富金山與石門口的戰線結合部突入,國軍36師在師長陳瑞河的帶領下,抱必死之心反擊。國軍官兵奮勇拼殺,前赴後繼,與日軍白刃搏殺,戰況異常慘烈。在36師陣地前數十道棱坎上,已躺滿了日軍的屍體。36師陣地上,工事早被每天翻來覆去“光臨”陣地的日機炸彈和地面炮彈,揉搓得無影無蹤。36師官兵踏着半尺深的虛土,憑藉彈坑和死屍作為掩體繼續戰鬥着。日軍荻洲師團長的2萬重兵被死死拖在富金山下,一連7天沒有越過一步。

國軍第36師經過多日連續血戰,雖得到第88師一個團的增援,但在此傷亡慘重的時候不過是杯水車薪,難以擊退人數火力均佔優勢日軍的如潮擁進。到下午16時,除富金山主峰制高點還在36師手中外,其餘陣地全部失守。

即便這樣,陳瑞河師長還是組織全師殘部實施了最後一次強力反擊,雖予日軍極大殺傷,但36師所余兵員已不足千人,難以再戰。
12500人的36師僅剩850名戰鬥兵。

作戦終了後は第11軍司令部の置かれた柳州の西側の宜山方面の警備を担当した。

なお南側の南寧方面は第3師団、北東側の桂林方面は第58師団が担当した。1945年(昭和20年)になると戦局の変化から広西省方面の日本軍は撤退を開始、4月18日に第3師団とともに支那派遣軍直轄師団となり、南京方面に向けて移動中湖南省長沙で終戦を迎えた。

師団は当初、歩兵第65連隊・歩兵第104連隊・歩兵第58連隊・歩兵第116連隊を隷下に持つ四単位師団として編成されたが、

步兵第26旅團:旅團長沼田德重少將升1939年3月9日晋升陆军中将,任第114师团长。同年8月12日因战病死死亡,

1942年(昭和17年)12月には、歩兵第58連隊を第31師団に転用し、三単位編制に改編



1942年(昭和17年)12月 - 第13師団から所属変更、以後マレー半島の警備に就く


歴代師団長

荻洲立兵 中将:1937年(昭和12年)9月10日 - 1939年(昭和14年)8月1日
田中静壱 中将:1939年(昭和14年)8月1日 - 1940年(昭和15年)9月28日
内山英太郎 中将:1940年(昭和15年)9月28日 - 1942年(昭和17年)8月17日
赤鹿理 中将:1942年(昭和17年)8月17日 - 1945年(昭和20年)1月20日
吉田峯太郎 中将:1945年(昭和20年)1月20日 - 終戦


所属部隊


步兵第103旅團:旅團長山田梅二少將

歩兵第65連隊(会津若松 鏡6805):服部卓四郎大佐(194212月起,服部任陸軍大臣東條英機的秘書之職,但在隔年10月又回歸任作戰課長,主導了中國大陸上的「一號作戰」(又稱「大陸打通作戰」,中方稱之「豫湘桂會戰」)。
歩兵第104連隊(仙台 鏡6804):野口義男大佐( 武漢作戦に参加、補給困難が続き猛暑の中でマラリア患者を多数出す)

步兵第26旅團:旅團長沼田德重少將而我在40年中所享用的女人仅仅是黄种人!我多么希望大日本军队能北进,发动对苏联的战争;南进太平洋,发动对美、英、荷的战争,那么我将有机会享用白种美女、黑种美女、棕种美女的不同味道。”1939年3月9日 - 8月12日 第114師団師団長
是日军中杀人最多的师团长(应该是狄洲立兵),也不是杀人最多的旅团长(应该是山田丹二)……

歩兵第116連隊(新発田 鏡6086):岩下栄一大佐
步兵第58連隊(東京高田 烈10352):倉林公任大佐


山砲兵第19連隊:石浜勲大佐
工兵第13連隊:石川省三大佐
輜重兵第13連隊:田原親雄大佐
第13師団通信隊:大薗広志少佐
第13師団兵器勤務隊:中西新作少佐
第13師団衛生隊:橋本匡中佐
第13師団第1野戦病院:藤井清士軍医少佐
第13師団第2野戦病院:中山恵夫軍医少佐
第13師団第4野戦病院:山田暢雄軍医少佐
第13師団病馬廠:増田健治獣医大尉
[PR]
by cwj36 | 2009-01-28 12:48 | 資源回收


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】