Taj Mahal - A.R Rahman

1937年(昭和12年)中國抗日戰爭(支那事変)爆發後,日本從本土陸續向中國大陸派遣師團,在10月12日於宇都宮以留守的常設師團第14師團編成第114師團。

歴代師団長
末松茂治 予備役中将:1937年10月20日 -
沼田徳重 中将:1939年3月9日 - 8月12日

e0040579_18485597.jpg


歩兵第127旅団:旅団長 秋山充三郎少将 歩兵第102連隊(水戸):丸岡康平大佐
歩兵第66連隊(宇都宮):岡村勝実大佐

歩兵第128旅団:旅団長 奥保夫少将 歩兵第115連隊(高崎):遠藤寅平中佐
歩兵第150連隊(松本):山本重悳中佐

騎兵第18大隊:天城幹七郎少佐


第114師團編列在第10軍(司令官:柳川平助中將)隷下於同年11月與第6師團、第18師團一同在上海杭州灣登陸,從中國軍的背後發動攻撃,導致中國部隊慘敗逃離上海。

第114師團擔任湖州(杭州以北約60公里)周圍地區的警備。

e0040579_1673785.jpg


上海陷落後,日本参謀本部命令「上海派遣軍」,決定越過「制令線」,向南京方向追擊以逼迫中國投降。

突破淳化鎮、牛首山

第114師團於12月3日沿溧陽、溧水公路向南京南面攻擊前進。

南京方面的蘇聯援華空軍志願隊出動轟炸機及戰鬥機攻擊第114師團,與日本戰機爆發空戰,陸續有6名蘇聯飛行員為保衛南京陣亡,阿列克赛也夫中尉(1907年生)、安德列耶夫中尉(1910年生)、布爾丹诺夫上尉(1911年生)、彼得羅夫中尉(1909年生)、波波士(1915年生),後葬於南京航空烈士墓。

第114師團占領溧水,侵至溧水以北的秣陵關、陸郎鎮及江寧鎮一帶。

12月6日,該師團突破國民黨守軍第72軍及第74軍警戒陣地淳化鎮、牛首山一帶陣地攻擊,尤以淳化鎮的戰鬥為激烈,張靈甫也受重傷。

8日,第114師團從南京南面展開,參加進攻南京的包圍作戰。唐生智下令撤守外圍陣地,退向城廓一線陣地至9日晨,先後攻占高家橋、牛首山、鐵心橋等國民黨守軍陣地,侵至雨花臺南方。

七十四軍令人吃驚的是13日夜間,一支大約五千人的中國軍隊向西強行突圍,丟棄了大量輜重后衝過日本軍的防線。


以第36、第87、第88師和教導總隊、憲兵團等防守市區及幕府山、紫金山、獅子山、雨花臺等近郊陣地,鐵絲網、配置有機槍掩體的堅固陣地,並憑借野炮、迫擊炮

雨花台

12月8日,第88师师长孙元良命令第264旅附炮兵两个连驻守雨花台,第262旅则在中华门内作为预备队,也就是说最开始驻守雨花台的只有一个旅3500余人。

以第二六四旅之敵五二七團附炮兵兩連扼守雨花臺,第五二八團為預備隊,前線並附工兵一營,通信營兩個連,輜重營兩個連。第一線守軍在三千五百人左右。

又以第六六二旅守中華門至光華門一線城垣。這一線本來是第八十七師的防地,因該師並未進入陣地,於是由第五二三團和第五二四團接防

e0040579_1344711.jpg

12月7日,蔣中正於凌晨離開南京,前往廬山。

日軍第114師團佔領秣陵關,第6師團急行軍至114師側翼,聯合對雨花臺一線陣地進行攻擊,遭國軍頑強抵抗。

但是一部份豆戦車在鉄心橋附近的戰鬥中,被中國埋伏的37mm反戦車砲(左圖德製PaK 36戰防砲)攻擊、井上隊「九四式輕裝甲車」4輛被撃破(戦死7名)。


12月9日,日軍攻佔市郊後,派出軍機向南京上空投放松井石根對守軍之中譯文「致南京衛戍司令唐生智勸降文告」,限國軍在隔日中午前投降,否則將要發動總攻擊。突然发现一个白色的巨大广告气球升在高空,上面有几个红色大字赫然在目。

“放弃无益的抵抗,开城投降!”这是用中文写的,

十一日中午接顧祝同電話,傳達蔣撤退指示,十二日早向各軍師長傳達撤退命令,最後對撤退計劃的執行除廣東兩個軍和宋希濂部按計劃突圍外,其余各部隊皆未能按計劃撤離。(唐生智原文回憶接顧祝同電話是十日中午,宣布傳達撤退時間為十一日早晨,根據南京衛戍司令部科長譚道平回憶錄譚道平回憶最後一次傳達撤退時間為十二日下午五時,接顧祝同撤退命令為十一日中午,此處暫按譚的回憶為準)

雨花台、将軍山両陣地


進攻雨花臺左翼的第6師團方面,師團長谷壽夫命令,第23聯隊主攻安德門陣地,第13聯隊第1大隊掩護第23聯隊右側,聯隊主力和第45聯隊與第114師團127旅團一起進攻雨花臺中央地帶。

e0040579_91563.jpg


《都城步兵第二十三聯隊戰記》中的雨花臺戰役左翼安德門陣地攻防圖

在雨花臺戰役中,日軍第114師團115聯隊遠藤寅平中佐第3大隊在三天內就打掉了118608發子彈,第2大隊三天內更是打掉了153471發子彈。

12月11日日本国内で南京陥落の祝賀行事を挙行。

十一日早晨孫元良接到撤退南京通知。

11日晚上,第264旅已經接近極限。為了固守雨花臺,師長孫元良命令第262旅旅長朱赤帶領第524團和軍補充旅4個營2000余人增援雨花臺。


從正面雨花臺突圍簡直就是荒唐和不切實際的自殺,關於這件事譚道平的回憶文章里有詳細的說明,是十二日一早召集各將領開會每人一份油印的紙張,也就是說攻擊孫元良部所謂臨陣脫逃的人故意忽略了十二日一早長官部已經向前線部隊下達了突圍命令的這個事實,至於孫部是接到了這張紙,還是唐生智後來所講是電話通知的孫部都不重要。

事實上王敬久等十二日正午後就過江了後來沒有人追究,就因為當時已經下達了突圍命令,實際上就相當於撤退命令,這個突圍計劃是不切實際的就不說了。

事實上除了在後方的宋部和廣東兩只部隊外沒有其他部隊按這個計劃突圍,更何況是要求敵軍主攻方向的88師從正面突圍?要能突圍就不會失守了!

午後8時、唐生智は全軍に「各隊各個に包囲を突破して、目的地に集結せよ」と指令し孫元良自己棄守中華門卻帶著2000跑往下關

e0040579_9204943.jpg

左:88師262旅旅長朱赤少將。右:88師264旅旅長高致嵩。

天城騎兵連繞後奇襲

遭到雨花臺炮火攻擊,114師陷入苦戰
十日午後八時三十分
戦況は不利だった。苦戦と知った末松師団長は、天城騎兵連隊長を呼び、こういったわずか二個中隊で敵陣に奇襲をかけて後方かく乱をする。その責任は重い。幹部たちはこれまでほかの連隊から”騎兵隊は戦争のできない兵隊”といわれていた汚名をこのさい洗い落とそうと覚悟をあらたにした。

出撃は十日午後八時三十分、師団の左翼にいる歩兵第百二連隊と、隣あわせになっていた国崎支隊の接地から雨花台のうしろに進出する計画。


e0040579_16393942.jpg陣に潜入後は乗馬戦闘をつづけるため兵隊は、馬具の不必要な付属品などを捨て騎兵刀、小銃、手りゅう弾だけの身軽ないでたちになり、ポケットに秘めていたニンジンを愛馬に与えて別れを惜しんだ。天城連隊長は鉄カブトをかぶっていない。ふだんならウマの横腹に下げている日本刀を背にくくりつけていた。部下もそれにならった。戦国時代の野武士のようだ

坦克壕溝被爆破,在兩側使高漲著的土填埋了壕溝。越過壕溝二○○米前進的話撞到了鐵絲網。幅度五○米——一○○米,不能騎兵隊突破。隊長はムダな戦闘を避けるため師団最右翼の歩兵第百五十連隊の右翼へ転進した。すでに夜半をすぎている。右翼に出た騎兵隊は一気に南京城にほど近い金陵兵工廠まで

洗刷「騎兵隊は戦争のできない兵隊”」といわれていた汚名

第262旅旅長朱赤,轄第523團吳求劍;第524團團長韓憲元(37年12月12日同旅長朱赤犧牲於南京雨花臺)、

高致嵩(南京保衛戰犧牲於南京雨花臺),

12日上午,日軍第114師團集中全部火炮140门火炮。,向雨花臺發動猛烈炮擊。 このころ大塚中佐指揮の野砲第百二十連隊は、井出大佐指揮の重砲第十四連隊の指揮下で、第百十四師団司令部のうしろに陣地をつくり、雨花台を中心とする敵のトーチカ陣地の砲撃を開始した。

激戰中,第262旅旅長朱赤、補充旅第1團團長華品章先後犧牲。

由於第262旅陣地盡數失守,使264旅陣地失去依托,呈孤立態勢。

在這種情況下,高致嵩命令副旅長廖齡奇帶領百餘傷兵突圍,他自己仍然盡其軍人本分堅持抵抗,最終於下午1時許中彈身亡。十二日午後二時、堅陣を誇った雨花台に日章旗がひるがえった。雨花台は山田部隊によって占領されたのだ。兵隊は敵弾のなかで立ちあがって万歳を叫んだ。そのため数人の兵隊が死傷した。兵隊はそれでも万歳を叫んだ。

12日,日軍占領雨花台,直攻中華門。由於分配給第88師的城牆陣地無人防守,日軍攻上城牆。[3],下午,孫元良88師潰兵與第51師王耀武部發生衝突,相互開槍並造死傷,88師孫元良部與87師潰退部隊經中山路北逃,企圖由挹江門出城過江逃脫,被第36師師長宋希濂率部隊屠殺。

11日該師團與第6師團主力會合進攻雨花臺,戰至12日10時,攻占雨花臺。13日,日軍占領南京,即開始以集體屠殺的方式消滅放下武器的中國軍隊,其中,該師團僅當日就刺殺在雨花臺被俘的國民黨軍1354人。但戰後末松茂治沒有被列入戰犯名單,逃脫了戰後對他的審判。



e0040579_13164658.jpg

第6师团长谷寿夫(左)与第114师团长末松茂治会攻中华门

南京本街道を中華門をめざして進撃した山田連隊長指揮の連隊主力は城門まで一〇〇〇メートルの距離に達し、野砲隊の城門破壊を待った。野砲隊は本街道とその両側とに砲陣を敷き、城門めがけて猛砲撃を加えた。ある中隊は中華門との距離八〇〇メートルまで前進して、大砲を敵にさらしての砲撃だ。兵隊はつぎつぎと死傷、砲手が交代してうちつづけたが、口径七・五センチの野砲では城門はビクともしなかった。



螺良恭助さん

  このときのことを螺良恭助さん(宇都宮市東浦町)はこう語っている。

12月12日下午1時,日軍占領了雨花臺高地。第2天在城外雨花臺,日軍第6,第114師團的部隊已經沖上了雨花臺,

朱赤命士兵打開幾十箱手榴彈蓋子,用繩串連導火索,待日軍進至陣地前沿時全部引爆,敵人遺屍遍地。朱赤所率殘部一百餘人因彈盡力竭全部殉國。韓憲元。生於1902年,廣東文昌人,黃埔軍校第三期步兵科畢業。第八十八師二六二旅五二四團上校團長。

1937年8月參加淞滬會戰,英勇拒敵,堅守四行倉庫掩護撤退的謝晉元即為其所部團副。12月參加南京保衛戰,防守雨花台陣地,激戰累日。時有部屬勸言:“南京危在旦夕,宜速撤退”。韓憲元嚴責:“你們願為亡國奴嗎?我誓與陣地共存亡。”官兵聞之,決心與日軍血戰到底。12日,因彈盡力竭,在雨花台與旅長朱赤等全旅官兵壯烈殉國,年僅35歲。


在最後時刻,國軍把所有的手榴彈全部打開蓋子用繩子把導火索連接,擺在陣地前。當日軍再次發起沖鋒到達陣地前沿的時候,爆炸聲陣地動地。最後的時刻第88師第262旅旅長朱赤和他的部下一起在雨花臺殉國。隨後協防雨花臺的第88師第264旅旅長高致嵩也在陣地上殉國。在雨花臺上88師用犧牲證明了他們從不輕易放棄。

對於日軍來說,在艱苦奮戰之後能夠占領目標,當時察看中國守軍碉堡時,發現碉堡的門早已被反鎖。

不少日軍士兵想到碉堡中死守的中國士兵,不禁令不少日軍官深感同情。


騎兵掃蕩

「騎兵の本領をよく発揮して、二度の奇襲に成功して、歩兵隊に協力した功績は大きい」

e0040579_11355447.jpg


歩兵第66連隊第一大隊に捕らえられた中国兵=宇都宮市宝木町、高柳清平さん提供



南京衛戍軍突圍計劃(南京保衛戰附表一)七十一和七十二軍(88師)的突圍時間為十二日中午十一時,突圍路線。

e0040579_2145779.jpg


上圖是1937年(昭和12年)12月、當時日本軍攻略中華民國首都南京戰役中,日本獨立輕装甲車中隊(藤田実彦)進攻中華門。

12月13日 - 歩兵第102連隊丸岡康平大佐南京城中華門の突破に成功
第一大隊は困った。兵器は焼却できるが、千五百余人の捕虜をどうするか――。渋谷大隊長代理は山田連隊長に、連隊長は秋山旅団長、旅団長は末松師団長に報告、指示を仰いだが、回答は翌日に持ち越された。第一大隊は、捕虜をクボ地に集めて第四中隊が警戒に当たり、ほかの中隊は、城外の残敵掃討をつづけた。
  このときのことを高野保太郎さん(鹿沼市上石川)はこう語っている。「百二十人たらずの第四中隊で警戒に当たった。捕虜のなかにホネのあるものがいて、一部の兵隊を扇動して暴動を起こしたが、機関銃の空砲でおどしたら間もなく静まった。無装備というものの、千五百余の敵を一個中隊で監視するのはひと苦労だった」


残敵掃討の終わった第一大隊はひるすぎから雨花台の戦場整理にかかった。味方の死傷者は一人もいなかった。激戦のさなかに戦友が後方の野戦病院に収容したのだ。敵兵も動けるものは逃げさっていた。兵隊は動けない敵兵の口に、水筒の水をふくませた。手を合わせて死んでいく戦死者のなかには”娘子軍”(女兵)もいた。
e0040579_1051873.png


日軍爬上中華門
12月13日早晨,日軍第6師團及第114師團首先入城,

雨花臺一戰,第88師幾乎全軍覆沒,該師戰死旅長2名、團長3名、營長11名、連長以下官兵6000余人,其中第262旅僅剩80余人。

連隊旗は突撃隊よりおくれて、同日午前十一時三十五分、山田連隊長とともに、軍旗護衛の第二中隊に守られ中華門の楼上にひるがえった。連隊将兵は硝煙のなかにはためく軍旗とともに故国にとどけと万歳を三唱した。
可以說,雨花臺戰役是號稱精銳“德械師”第88師的終結之役。




e0040579_15433073.jpg
是役其轄下88師的三個旅長陣亡兩個,六個團長陣亡三個,營長陣亡十一個,連排長傷亡占全員的十分之八。第88師戰前約6000餘人,戰後僅500人生還歸隊。13日日軍占領南京後,

廖耀湘等上呈报告要求追查责任,因此被撤职查办,投监拘押四十二天。


1939年1月,以民生航運公司職員身份,取道香港遊歷考察英、法、德、意等歐洲諸國。回國後重返軍界,任第二十八集團軍副總司令兼二十九軍軍長。
孫後來逃離南京回到武漢被宋子文誣陷坐牢42天,後經審查結論是完全無罪,
1938年(昭和13年)2月,末松茂治率第114師團被調派至華北地區,與第5師團和第10師團一同參加徐州會戰。此後在華北負責治安作戰任務,1939年(昭和14年)7月復員。

5月18日 - 徐州会戦に参加
廃止:1939年(昭和14年)7月22日


通称号:将
再編成時期:1944年(昭和19年)年7月10日

師團長沼田在淞滬、徐州、武漢會戰和對山東抗日根據地「掃蕩」中,指揮手下大肆屠殺無辜百姓。1939年6月1日,第114師團等部對魯中抗日根據地進行「大掃蕩」。

沼田德重据中文资料称是被八路军击毙而死的日军师团长。但在日文资料中称此人的死因一般均为“战病死”或“没”。

八路軍第115師魯西軍區司令員兼政治委員楊勇、副旅長段君毅組織反「掃蕩」作戰,迫使日軍在6月底撤退。沼田德重7月16日由聊城向東撤退時被魯西軍區部隊伏擊殲滅200餘人,

沼田重傷,8月2日死於濟南日軍陸軍中心醫院。

1945年(昭和20年)8月9日にソ連が対日参戦に際して、平津地区転進を下令され、移動準備中に終戦を迎えた。同地で終戦を迎えたが一部の将兵は残留し閻錫山の指揮の下国共内戦のなか中共軍と戦った。



1938年2月10日,该师团调归华北方面军直辖,参加徐州会战后在山东与中国军队作战。1939年7月26日,114师团长沼田德重(1937年9月10日任13师团第26少将旅团长,参与了南京大屠杀)被八路军鲁西军区杨勇部伏击,其胸部、腹部多处中弹,8月2日在济南毙命。

7月22日,该师团奉命回国休整,8月,其编制撤销。

末松茂治

すえまつ しげはる

1882 - 1960
1942年(昭和17年)より小倉市長を務めた。
軍人78歳で亡くなりました。
[PR]
by cwj36 | 2009-01-12 15:16 | 山之機


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30