備用

(施工中)

平清盛 藤原北家 大掃蕩

鹿谷陰謀事件

安元2年(1176年),為慶祝後白河法皇50歲生日,在法住寺殿開祝壽宴會,平氏一門也出席宴席、誇示與法皇是多麼的親密。

但是親密的表象背後,暗潮洶湧,經過保元之亂、平治之亂,摂関家族藤原北家與院政的後白河法皇形成的勢力對平氏的專橫愈來愈不滿。

6月,後白河天皇的「女御」平滋子(建春門院)病情惡化,7月8日死去。

女御為天皇嬪妃位階的一種,平滋子是權臣平時信的女兒,高倉天皇的生母。地位僅次於皇后和中宮(第二位正配)。

平滋子的姊姊平時子嫁給平清盛,因為她的關係,姊夫平清盛的女兒平德子順利成為高倉天皇的中宮。

に建春門院が死去したことで,後白河法皇と平家の対立はしだいに顕在化する。

その対立は、安元3年(1177年)4月の白山事件により決定的なものとなった。父は源顕通,梶井門跡最雲法親王の弟子。仁安2(1167)年に快修を追放して天台座主となる。安元3(1177)年4月,後白河上皇の近臣藤原師光(のち西光)の子加賀国(石川県)国司藤原師高と弟の目代師経が白山中宮涌泉寺を焼いたことから,白山の本寺延暦寺衆徒が日吉・白山神輿を奉じて,師高,師経と師光の追放を迫り,朝廷は師高を尾張国(愛知県)に配流,明雲の座主職を解任して知行寺務を没収し,還俗のうえ伊豆国(静岡県)に流罪とした。護送中に瀬田(滋賀県)の辺で延暦寺衆徒の手で奪回されたが,

延暦寺が加賀守・藤原師高の流罪を要求して強訴を起こしたのに対して、師高の父・西光は天台座主・明雲の処罰を後白河法皇に進言するなど、院と延暦寺の抗争は激化していた。


治承元年(1177年)6月。後白河法皇在静賢的鹿ケ谷山荘に御幸した際、摂関家族藤原成親・藤原師光西光・俊寛が集まり平氏打倒の計画が話し合われ

行綱が呼ばれて旗揚げの白旗用として宇治布30反が与えられたという(ただし、慈円はこの事件に関する記述については「一定の説は知らねども」と真相を確認した訳ではないとも記している)。

また『平家物語』によれば、藤原成親が立ち上がって瓶子(へいじ)が倒れ、後白河が「あれはいかに」と問うと成親が「平氏(瓶子)たはれ候ぬ」と答え、俊寛がそれをどうするか尋ねると西光が「頸をとるにしかず」と瓶子の首を折り割ったという。


清盛が上洛して、後白河の命令を受けて延暦寺攻撃の準備を進める中、6月1日成親は突然、清盛によって逮捕された。



清盛は直ちに西光を呼び出して拷問にかけ、全てを自供させると首を刎ねた

結果因為多田行綱告密而被揭發並胎死腹中。

平清盛並且利用這個事件開始剷除,將參與院政的院近臣。

於是藤原師光(西光)被處死,藤原成親被流放到備中,並且在當地墜下懸崖離奇地死亡。

4日、俊寛・基仲・中原基兼・惟宗信房・平資行・平康頼など参加者が一網打尽にされ、5日、明雲が配流を解かれた。

9日、尾張に流されていた師高が、清盛の家人の襲撃を受けて惨殺、成親は一旦は助命されて備前国に配流されるが、食物を与えられず殺害されてしまった。

)、俊寛らは鬼界ヶ島に流罪に処したが


僧侶俊寬則被流放到鬼界之島。不過平清盛最終還是沒有直接向法皇興師問罪。一方、重盛は、白山事件で家人が矢を神輿に当てる失態を犯したのに加え、妻の兄が配流されて助命を求めたにも関わらず殺害されたことで面目を失い、6月5日に左大将を辞任した。この結果、宗盛が清盛の後継者の地位を確立した。

治承三年の政変

回歸京都的平氏開始與後白河退位天皇的院政制相結合,成為院用來對抗攝關家的強有力武器。

治承3年(1179年)11月、藤原北家

治承3年(1179年)、この年は清盛にとって不幸の連続であった。

まず6月に、娘の盛子が死去する。ところが盛子が死去すると、法皇は直ちに盛子の荘園を清盛と相談もせずに没収するにいたった。

さらに7月、重盛が42歳で病死してしまった。これには清盛もさすがに落胆の色を隠せなかったが、後白河法皇は重盛の死去と同時に、またも清盛に何の相談もなく重盛の知行国であった越前国を没収してしまった。

さらに、法皇は20歳の基通(室は清盛女・完子)をさしおいて、8歳の師家を権中納言に任じた。この人事によって摂関家嫡流の地位を松殿家が継承することが明白となった。近衛家を支援していた清盛にとっては、見逃せることではなかった。



7月29日には重盛が死去するが、10月9日の除目で院近臣の藤原季能が越前守となり、仁安元年(1166年)以来の重盛の知行国が没収されてしまう。しかも、この日の人事で関白・松殿基房の子で8歳の師家が20歳の基通を差し置いて権中納言になった。

基房は摂関家領を奪われた上に、殿下乗合事件に巻き込まれたこともあり、反平氏勢力の急先鋒となっていた。この人事は自らの娘・完子を基通に嫁がせ支援していた清盛の面目を潰すものだった。さらに親平氏の延暦寺でも反平氏勢力が台頭して内部紛争が起こるなど、情勢は予断を許さないものになった。

17日、太政大臣・藤原師長以下39名(公卿8名、殿上人・受領・検非違使など31名)が解官される。
後白河の第三皇子である以仁王も所領没収の憂き目にあい、このことが以仁王の挙兵の直接的な原因となった。



平清盛隨後在治承四年(1180年)二月迫使高倉天皇退位,擁立自己的外孫,平德子之子言仁親王即位,是為安德天皇。

同年,源賴政擁護後白河法皇次子以仁王以對抗平清盛。然而平清盛立即派四男平知盛領軍征討之,最後敗逃的以仁王和源賴政兩人都被誅殺。
[PR]
by cwj36 | 2006-12-09 14:39 | 【日本平安鎌倉時代 】


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30