伊伯力亞1.5模組試玩截圖(5)

甲申政變又稱甲申革命、甲申事變、開化黨政變。

1884年(甲申年)12月4日(農曆10月17日)在朝鮮王朝發生的一次武力政變。一稱之「甲申事變」、開化黨的「三日天下」

開化黨,朝鮮王朝末期政治派別。別稱獨立黨。

1876年,日本以武力強迫朝鮮簽訂「江華條約」,打開了朝鮮的國門。1882年,隨著「朝美修好通商條約」的訂立,朝鮮的門戶全面開放。

1881年時,李氏朝鮮派30多名貴族子弟組成「紳士遊覽團」,前往日本考察,這些貴族子弟目睹了日本明治維新之後的嶄新景象,嘆為觀止,深受感觸。

金玉均1882年2月から7月まで日本に遊学し、福澤諭吉の支援を受け、慶應義塾や興亜会に寄食する。留学生派遣や朝鮮で初めての新聞である『漢城旬報』の発行に協力。

他們對比朝鮮國內食古不化,遂產生了脫離清朝,改革國政,使朝鮮趕超日本的志向。於是“紳士遊覽團”中的大部分成員逐漸結成所謂的「開化黨」。

亞洲各國由於受日本明治維新強盛崛起的影響,尤甚是中國與朝鮮有識之士,思索救國救民的道路,皆欲以日本為榜樣,改革以圖國家的生存。

在朝鮮宮廷內的青年貴族官僚(兩班)金玉均朴泳孝為中心形成開化黨,主張朝鮮與日本聯合,擺脫清朝控制,走自主獨立的近代化道路。

主張「外結日本,內行改革,聯日排清,脫離中國,宣布朝鮮獨立,實行君主立憲」,因此又被稱為親日派或獨立黨。

「開化黨」與漢獨份子孫中山都受日本黑龍會幫助。


金玉均
徐載弼是韓國首任總統李承晩的老師。
朴泳孝為朝鮮王朝‎哲宗的駙馬後來出使朝鮮的中國使節馬建忠建議朴泳孝以太極旗作為朝鮮國旗,而這面太極旗作為大韓民國的國旗一直沿用至今。
洪英植

同一時期,閔妃(明成皇后)慫恿高宗放棄鎖國,採取開化政策,引入日本勢力,並扶植親信出任要職,其間與大院君互鬥不斷,事件頻傳。

之後閔妃逐漸與親日的改革開化派勢力漸行漸遠,偏向親華,利用清軍勢力掃除政敵以求掌權。”,清朝慈禧太后罢免了恭亲王奕訢而起用醇亲王奕譞来辅政。醇亲王是清德宗(光绪帝)的生父,而闵妃集团认为这是清廷释放高宗生父大院君的预兆,便开始对清朝离心。

1884年、金玉均・朴泳孝らが中心となり、福沢諭吉邸を拠点に、慶應義塾(現・慶應義塾大学)の関係者が全面協力し、密かに武器弾薬を送って彼らに決起を促し、更に福沢の紹介で井上馨外務卿を通じて横浜正金銀行から朝鮮政府に資金を融通するなど革命工作を進める。50名程の朝鮮人留学生が留学し、後藤象二郎や花房義質、竹添進一郎、副島種臣などの薫陶を受け、陸軍からは三浦梧楼や岡本柳之助が暗躍した。日本の援助で甲申政変を起こし政権を握ったが、清の介入で3日で失敗し金玉均・朴泳孝らは日本に亡命した。

1884年11月,金玉均、朴泳孝等和日本駐朝公使竹添進一郎密議政變,得到竹添進一郎的支持。

12月4日,洪英植的京城典洞郵政局舉行開業典禮,晚間開設宴會,朝鮮大臣紛紛出席,金玉均令人在王宮內放火多次後成功,閔妃外戚閔泳翊外出查看火災時遭開化黨人砍傷。

閔泳翊逃回宴會現場,引起大亂,出席宴會的守舊派大臣紛紛逃離現場,使開化黨的暗殺計劃未能成功。金玉均、朴泳孝、徐載弼、徐光範等人遂又進入王宮,指使內應在宮內製造爆炸,趁機挾持國王李熙,將其遷入景佑宮。

矯詔稱清軍作亂,要求日軍支援王宮。日軍藉此機會佔領朝鮮王宮,開化黨人又矯詔誘騙守舊勢力大臣入宮覲見護駕,伺機暗殺,李祖淵、韓圭稷、趙寧夏、閔泳穆、閔台鎬等被殺害

。開化黨宣布改革,內容有朝鮮獨立,廢除向清朝進貢,改革內政、改革稅制,廢除門閥制度,廢除宦官,庶民平等;以才擇人,以人擇官等。

12月6日在守舊勢力要求下,袁世凱、吳兆有、張光前等率領清軍突入朝鮮王宮,擊敗開化黨人和日軍,將李熙解救。

竹添進一郎事敗後,自焚使館,率部逃亡仁川的日本領事館,甲申政變結束。洪英植被百姓所誅,其餘開化黨人均流亡日本。

「朝鮮独立党の処刑」では「金玉均、徐載弼、徐光範の父母妻子は2月2日を以て南大門に絞罪に処せらる。」

獲得了隨時可派兵到朝鮮的特權,清兵撤出朝鮮,為日後甲午戰爭埋下定時炸彈。

鮮開化黨成員家屬被朝鮮政府殺害

福澤諭吉日本應該放棄中華思想和儒教的精神,而吸收學習西洋文明脫亞論 。

e0040579_9452956.gif金玉均(韓語:김옥균,1851年-1894年3月28日),字伯韞,號古筠。是朝鮮王朝的政治人物。出身忠清南道。

日本の明治維新を模範とした清朝からの独立、朝鮮の近代化を目指した。

1883年には借款交渉のため日本へ渡り、翌1884年4月に帰国。清がベトナムを巡ってフランスと清仏戦争を開始したのを好機と見て、12月には日本公使・竹添進一郎の協力も得て閔氏政権打倒のクーデター(甲申事変)を起こす。

事件は清の介入で失敗し、わずか3日間の政権で終了した。井上角五郎[1]らの助けで日本に亡命する。日本亡命中には“岩田秋作”と名乗っていた[2]。頭山は翌年、半島から長崎にたどり着いた金玉均と神戸の西村旅館で会い、支援のため当時の金で5百円を渡した。

日本では東京や札幌、小笠原諸島などを転々とした後、上海に渡る。

1894年3月28日、上海で閔妃の刺客洪鐘宇(ホン・ジョンウ)[3]にピストルで暗殺された。遺体は清国軍艦咸靖号で本国朝鮮に運ばれ凌遅刑に処された。

洪鍾宇は金玉均暗殺の刺客に抜擢される。フランスから帰国した洪鍾宇は、甲申政変に失敗して日本に亡命中の金玉均に接近、彼を上海に誘引して、東和洋行ホテルで暗殺する。

清国警察の尋問に対して、洪鍾宇は「自分は朝鮮王の勅命で行動しており、金玉均は親日派として、逆賊であり清国の敵でもある」と、堂々と弁明した。

彼は形式的に逮捕されたが、朝鮮の外交努力で釈放された。

金玉均の死体は、清国軍艦で朝鮮に返され、死後に死刑宣告を受け、四肢を裂かれ、頭は市場に晒された。帰国した洪鍾宇は朝鮮王高宗の歓迎を受け、高官要職に就いた


その遺体はバラバラにされ、胴体は川に捨てられ、首は京畿道竹山、片手及片足は慶尚道、他の手足は咸鏡道で晒された[4]。

e0040579_9482878.png


金玉均の妻子については処刑された[6]とも逃亡したとも噂され行方不明であったが、日本は探偵を送ってその捜索を始めた。

1894年12月、当時東学党の乱(甲午農民戦争)を鎮圧中の日本軍が忠清道沃川近傍で金玉均の妻と女子を偶然発見して保護した。

その時の2人は実に憐れむべき姿だったという。後に京城に護送して朴泳孝、徐光範が預かることとなったが、妻子は金玉均が暗殺されていたことも知らなかった。


e0040579_9491897.jpg
犬養毅、頭山満らの支援で東京の青山霊園の外人墓地に墓が建てられた。

墓碑には朴泳孝の撰文、興宣大院君の孫である李埈鎔の書で以下が刻まれている。

嗚呼、抱非常之才、遇非常之時、無非常之功、有非常之死

暗殺者の洪鐘宇は逮捕後に朝鮮政府の交渉により釈放された。

帰国後に高宗から激賞され、守旧派の一員として要職に就き、開化派を弾圧した。だが甲午農民戦争後に日本が圧力を強めたことから1903年に失脚して済州島に流され、1913年に貧困のうちに没した


 「本日據京城楠野瀨中佐來報,七日夜王宮之陰謀敗露,朴永孝因圖謀不軌遭通緝,徐光範隱身匿跡,朴氏已由當地逃往日本,其他同派者多遭免職。」
[PR]
by cwj36 | 2006-06-21 20:36 | 資源回收


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30