陶晴賢

(施工中)


男色 陶隆房

陶晴賢(1521年-1555年10月16日)日本室町時代、戰國時代武將,原名陶隆房

陶隆房是陶興房の次男として生まれる。大內義隆的寵童,深受義隆之寵信,陶晴賢元服後,拜領其「隆」字作為姓名而稱為陶隆房。

父親陶興房病亡後,陶隆房繼承家督,因其性格剛烈、豪邁武勇,被時人稱為「西國無雙的侍大將」。

尼子氏月山富田城的遠征行動,結果卻以慘敗收場。義隆從此之後,對於軍事行動產生排斥心理,親信文治派的相良武任,與武斷派的陶晴賢漸生嫌隙,

謀反之路

義隆沉溺於學問文化及對文治的傾向令山口政治樞杻逐漸文治化,亦激化起大內家裏文治派與武斷派的對立。

一方面,堅持大內家保存其尚武傳統的陶隆房對義隆文弱之行徑與國費之耗度表示失望及反感。陶隆房多次向義隆倡言國政改革。儘管義隆曾一度收斂,停止向領民課徵重稅,但大體上義隆仍繼續他在山口多姿多釆的貴族生活。

另一方面,陶隆房對義隆寵遇文治派的相良武任大為不滿。且不提相良武任對義隆造成的影響,出身肥後豪族的相良武任在義隆身邊的地位竟然比起有着大內家庶流、譜代重臣背景的陶隆房有過之而無不及,其破格之重用實在是對陶隆房的一大侮辱。

義隆對相良武任的寵遇可以從相良武任與陶隆房的官位敍任上便可看出來。雖然說官位之敍任是天皇任命,但家臣之官位多少是靠義隆向朝廷求得,而官位的高低可大概反映某家臣在家中的地位。

天文6年(1541年),相良武任和陶隆房都分別敍任中務大丞及中務權大輔。從此等官位(中務省)上看,陶隆房的官位比相良武任的高。這不難理解,因為當時陶隆房的在家中地位的確比相良武任的高。可是後來情況有點轉變。

相良武任在天文10年(1541年)敘任遠江守,相比陶隆房在天文14年(1545年) 才敘任尾張守,相良武任比陶隆房早四年敍任此等官位。

敍任官位先後之差別反映出義隆對相良武任等文治派的重視,相對地冷落了陶隆房等武斷派。這無疑令身為譜代重臣的陶隆房大失面子。

陶隆房而言,一日有相良武任此等誤國奸臣在義隆身邊,義隆只會更文弱和大內家只會逐漸走向衰敗。姑勿論出於私怨或忠君之心,陶隆房對相良武任的憎惡程度已去到要將這位「君側之奸」剷除。

「靖君側」的傳言令相良武任懼怕陶隆房會加害自已,結果在天文14年(1545年)5月出奔至肥後,後來在義隆的勸說下,相良武任才在天文17年(1548年)回歸大內家。

及後,由於杉重矩内藤興盛等老臣的控訴,相良武任又在天文14年(1545年)9月辭職出奔,不久又回歸。

縱觀相良武任在出仕大內家的日子,他曾三次出走,又三次回歸大內家,可見文治派與武斷派兩對立爭鬥的激烈情況。

在義隆的庇護下,相良武任等文治派變本加厲。相良武任不斷向義隆進讒,藉以打擊陶隆房,而從義隆的行動亦可看得出他對陶隆房多次批評自己愚味文弱而愈來愈不滿陶隆房,例如義隆以陶隆房周防大德三千貫的知行是昔日東大寺、興福寺的寺領為理由,下令陶隆房歸還一部分的知行地。

隨着義隆與陶隆房之間的關係每況愈下,大內家中文治派與武斷派的對立,已演變成義隆與陶隆房之間的對立。

陶隆房對義隆的態度由失望轉化為憤怨,更嚴重的是,義隆的行徑使陶隆房萌生謀反的念頭。大內家裏正蘊釀着一場驚天動地的叛變。

大寧寺之變

天文20年(1551年)、武任はこのような一連の騒動で義隆から責任を追及されることを恐れて、相良武任申状において、「杉重矩は陶隆房の謀反を讒訴したが受け入れられなかったので、讒訴を自分がしたことにして、対立していたはずの隆房に寝返った」という根も葉もない讒訴を行なった。



つまり、隆房が謀反を起こそうとしており、その対立の責任を杉重矩ひとりに押し付けようとしたのである。このため、事態は遂に破滅を迎えた。

義隆原本打算由仙崎港經海路逃至石見投靠姐夫津和野三本松城城主吉見正賴。可是,天氣惡劣令海上巨浪大起,般隻無駛出仙崎。

義隆は、8月29日に山口を放棄して長門に逃亡する。そして海路から縁戚に当たる石見の吉見正頼を頼って脱出しようとしたが、暴風雨のために逃れることができず、9月1日に義隆は長門深川の大寧寺で自害した。

辞世は「討つ者も 討たるる者も 諸ともに 如露亦如電 応作如是観」と伝わる。在義隆、義尊切腹後,異雪慶殊和尚隨之在大寧寺內放火。

追隨到義隆最後的家臣冷泉隆豐,與天野隆良岡部隆景岡屋隆秀黑川隆像禰宜右延右田隆次等義隆近習衝出大寧寺,與寺外陶軍死戰,結果全部壯烈戰死。

與義隆一起逃難的公卿二条良豊、持明院基規,及異雪慶殊和尚在9月2日逃走時被陶軍捕殺。

杉重矩再び晴賢と対立し、同年のうちに晴賢に敗れて長門長興寺で自害した。この遺恨は息子の杉重輔に引き継がれた。

改名 陶晴賢

義隆の死後、隆房は謀反を起こす直前に豊後の大友宗麟と密約を結んでおり、北九州における大内領の利権を割譲する代わりに、義鎮の異母弟・大友晴英(生母が大内義興の娘で、義隆の姉妹)を貰い受けた。

この晴英を、新たな大内家当主に迎えて家督を継がせると、そして晴英を大内義長と改名させた。そして自らも新たな主君・晴英(義長)へ忠誠を誓う証として、隆房から晴賢と改名。こうして、晴賢は義長を傀儡の当主として大内家の実権を掌握した。

これより前、天文20年(1551年)に大内義隆を討ち、大内氏の実権を握った陶晴賢と対立するに至っていた毛利元就はこの年厳島の宮尾に城(宮尾城)を築いた。

折敷畑合戰

天文20年(1551年)に、毛利元就が当時従属関係にあった大内義隆が家臣の陶隆房に殺害された事件(大寧寺の変)に端を発する。

義隆殺害時、元就の長男の毛利隆元は岳父・義隆の敵討ちを目指し打倒陶を主張していたが、天文22年(1553年)、石見国津和野三本松城主であり反陶晴賢の代表格であった吉見正頼がついに晴賢に反乱。晴賢は討伐のため毛利氏などにも出兵を要求。

一方の吉見正頼も毛利氏に援軍を要求しており、板ばさみとなった毛利氏であったが、陶晴賢が元就の勢力下にある安芸国人衆に直接出兵を要求したため、

ついに翌1554年に大内氏から離反し、陶晴賢と交戦する事になった。吉見正頼は密かに元就と同盟してから反乱したと言う説もあるが、

当初元就は陶軍に参加を決めていたとされており、毛利家内部でも意見が統一されておらず、後世に結果から見て行われた脚色であるとされている

天文23年(1554年)に陶晴賢(派遣部将は宮川房長)と毛利元就との間に行われた戦いである。厳島の戦いの前哨戦として扱う場合もある。

宮川房長に兵3,000を与えて先行させたという。房長は途中で甲田丹後守や反毛利側の一揆ら4,000の兵と合流、合計7,000の軍を率いて毛利氏の桜尾城に向かい、

9月14日にその途中、桜尾城をのぞむに折敷畑山に布陣する。

桜尾城の毛利元就は14日夜に全軍3,000を城から出して翌日早朝に奇襲をかける作戦を立て、元就と隆元は東方から、元就の次男吉川元春は北方から、三男小早川隆景は南方から折敷畑山に夜陰に紛れて進攻、

15日正午頃、元就軍は罵詈雑言を山頂に向かって浴びせかけて宮川軍を誘いだし、突出した宮川軍を両翼から半包囲する包囲戦を慣行。宮川軍を追いつめて宮川房長自身を含む750人を討ち取った。

進攻時部隊被毛利軍包圍切割、安芸は毛利家の支配下となった。

江良房栄

兩大智將:江良房榮、弘中隆兼

大內家的津和野城主吉見正賴,因陶晴賢反逆弒君一事深感不滿,於是在居城舉兵聲討陶晴賢。晴賢派益田藤兼攻打津和野三本松城兩方持續對峙,戰況陷入膠著。津和野三本松城の戦い

陶氏の重臣として厳島を利用する上方商人から通行料を徴収するための交渉事も行っている。
「房栄が元就と内応している」という虚報を山口周辺に流し、陶晴賢は疑心暗鬼に陥る。1554年逆スパイや贋の手紙まで使って、  「陶家の有力武将江良房栄が裏切っている」とでっちあげ、なんなく隆房に知略家の臣下を殺させるのに成 功している。

新宮黨事件
[PR]
by cwj36 | 2010-07-26 07:44 | 【Total War 毛利 】


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30