拿破崙:全軍破敵news

第8師団

日清戦争が終り、軍備拡張の必要性から増設された6個師団の一つで、兵士はおもに東北地方出身者から構成された。編成時の所属歩兵連隊は歩兵第5連隊・歩兵第17連隊・歩兵第31連隊・歩兵第32連隊。初代師団長は台湾総督府幕僚参謀長だった立見尚文中将。1898年11月15日に師団司令部、監督部が開庁した[1]。



歴代師団長

立見尚文 中将:1898年(明治31年)10月1日 - 1906年7月6日
渡辺章 中将:1906年(明治39年)7月6日 - 1908年12月21日
山根武亮 中将:1908年(明治41年)12月21日 - 1912年2月14日
小泉正保 中将:1912年(明治45年)2月14日 - 1914年5月11日
大井成元 中将:1914年(大正3年)5月11日
白井二郎 中将:1918年(大正7年)7月2日
小野寺重太郎 中将:1921年(大正10年7月20日
菱刈隆 中将:1924年(大正13年)2月4日
真崎甚三郎 中将:1926年(昭和2年)8月26日
三好一 中将:1929年(昭和4年)7月1日
西義一 中将:1931年(昭和6年)8月1日
中村孝太郎 中将:1934年(昭和9年)3月5日
下元熊弥 中将:1935年(昭和10年)12月2日
前田利為 中将:1937年(昭和12年)8月2日
塚田攻 中将:1928年(昭和13年)12月10日
本多政材 中将:1940年(昭和15年)10月28日
横山静雄 中将:1942年(昭和17年)6月26日
横山静雄 中将:1945年(昭和20年)3月19日(第41軍司令官に移り、第8師団長事務取扱を兼ねる)


師團長西義一中將、

參謀長小林角太郎大佐
参謀 吉岡安直少佐

第4步兵旅團 鈴木美通

第5步兵團 長谷儀一大佐
第31步兵團 早川止大佐

第16步兵旅團 川原侃少將

第17步兵團 瀨武平大佐
第32步兵團 田中清一大佐

臨時派遣第1戰車隊 百武俊吉大尉
臨時重炮兵中隊 山村新中佐

捜索騎兵第8連隊:三宅忠強中佐    
野砲兵第8連隊:廣野太吉大佐  
工兵第8連隊:小泉於菀彌大尉 
輜重兵第8連隊:河田六次郎大佐  
第8師団通信隊:高橋良行少佐  
第8師団第2野戦病院      
第8師団第4野戦病院      
第8師団制毒隊:斎藤彰一大尉    
第8師団防疫給水部:三崎要一軍医少佐    
第8師団病馬廠:赤井哲治獣医少佐


勝利に終った日清戦争であるが、ロシア・フランス・ドイツによる所謂三国干渉によってロシアとの間に緊張が高まっていた。ロシアとの一戦は避けられないとの予測から陸軍は対露戦を準備し、寒冷地での訓練を第8師団に指示した。これに基づき師団は1902年(明治35年)1月八甲田山における行軍訓練を行ったが、この時死者199名という惨事を起こしている。これが八甲田雪中行軍遭難事件である。


いざ日露戦争となり、師団も1904年(明治37年)6月動員下令となるがすぐには戦地に派遣されず、満州軍の予備隊に位置付けられる。1905年(明治38年)1月に至り戦況の芳しくない黒溝台会戦に援軍として派遣されが、ロシア軍に包囲殲滅され約五割が死傷した(ほぼ全滅)。救援に来た第3師団、第5師団がロシア軍を撃退し第8師団は解囲される。その後奉天会戦に参加する。 この会戦において、師団は満州軍総司令部幕僚から第5師団とともに「巧者に動く」の評価を得ている[2]。

日露戦争後の1910年に朝鮮半島に駐留し、1921年(大正10年)のシベリア出兵に参加する。

1931年の満州事変では熱河作戦に参加し、1937年(昭和12年)から満州に駐屯する。1938年(昭和12年)1月13日に第3軍の戦闘序列に編入されて綏陽に駐屯した。

1932年他带着弘前第8师团参加了攻占满洲的战役,接着又率部侵略了热河。长城抗战中央军17军徐廷瑶部在古北口,南天门,傅作义部在顺义就主要和第八师团对抗。



1939年(昭和14年)に歩兵第32連隊が新設の第24師団に転出した。

1933年,日本以熱河省地方官員表示歸附偽滿洲國為由,與偽滿洲國軍隊進軍熱河,省長湯玉麟不戰攜帶家資800大車,棄城而逃而逃;加上汤玉麟的部队,因已受敌人的策动,作战一开始,在朝阳的董福亭步兵第106旅,其团长邵本良首先率部向敌第8师团投降;在开鲁的骑兵旅长崔兴武亦投降了敌骑兵第4旅团。日軍三宅忠强中佐骑兵第8联队128名骑兵攻陷有一萬國軍駐守的承德, 萬福麟的53軍由淩源退至西兩的冷口,張作相則率部退至喜峰口。





之後日軍進攻山海關、長城各隘口與熱河,國民政府派遣宋哲元、馮治安、張自忠、劉汝明、關麟徵、黃傑與劉戡與日軍在義院口、冷口、喜峰口、古北口、羅文峪、界嶺口憑險固守,但最終由於軍備不良、戰力消耗殆盡、戰略位置喪失而撤退。王以哲部東北軍屬於參戰部隊。

熱河省主席湯玉麟は、満州国建国宣言に署名したものの、張学良と内通し、約3万にのぼる反満抗日の軍隊を育成していた。 一方、満洲国と中華民国との国境山海関では、昭和7年秋以来小競り合いが散発していたが、1933年1月1日、関東軍は一部をもって山海関を占領し、北支那への出口を押さえた。1月3日山海关在当天被西义一的第8师团占领。

西義一 中将:1931年(昭和6年)8月1日

进攻承德的敌第8师团和由绥中向西出击的混成第14旅团,相互策应快速前推。热河守军仅在叶柏寿地区进行了抵抗。此时敌已形成了北面的迂回包围,致使热河整个战局发生动摇,于是汤玉麟不战而撤出承德,退向以西的丰宁。

3月4日第8师团先头的川原旅团指挥之三宅忠强中佐骑兵第8联队128名骑兵进入了承德。万福麟的53军由凌源退至西两的冷口,张作相则率部退至喜峰口。

1933年3月4日,日軍第8師團佔領承德後以第16旅團向灤平方向挺進,師團主力在飛行隊支援下全力向黃土梁及其以西地區進攻。11日拂曉,日軍第8師團主力向右翼陣地發起進攻。戰至上午10時,第112師不支而退。日軍迅速佔領了古北口關口,並乘勝向第25師右翼包圍攻擊。4月21日起,日軍第16旅團在飛機十余架、坦克30余輛、大炮四十門余支援下,分三路進攻南天門附近八道樓子、田家莊、界牌峪陣地,局部工事被摧毀,守軍傷亡慘重,仍頑強抗擊。

指挥这次作战的关东军司令部,于3月3日前移至锦州,武藤信义亦于当日15时30分到达,并令第6师团、骑兵第4旅团防守赤峰地区,其它部队按计划向长城一线推进。随之其混成第14旅团于3月4日到达了冷口,第8师团于3月7日到达了古北口,混成第33旅团于3月11日到达了界岭口和义院口。

月7日,張學良因為熱河省的慘敗被迫通告下野,隨即離開北平。3月9日,日軍服部旅團和铃木美通第4旅团鈴木旅團的先頭騎兵部隊在裝甲車的掩護下,從熱河省淩源很快殺至喜峰口。此時防守喜峰口的是從熱河省敗退下來萬福麟的東北軍,一共有二個師。東北軍數量占有優勢,但是這些部隊剛從熱河省一路敗退下來,士氣極低,武器裝備又丟失大部,根本無心戀戰。

其部署为: (一)第8师团一并指挥混成第十四、三十三旅团及配属的战车队从锦州经义县击溃朝阳、凌源、平泉沿线地区的守军,攻占承德及长城沿线之古北口、喜峰口、冷口、界岭口、义院口。

東北軍和日軍數量不多的一支騎兵部隊碰了一下,就很快放棄喜峰口以東的董家口等陣地後撤。這個重要關隘就被東北軍如此輕易的放棄了。 這次日軍負責主攻喜峰口關隘是日軍第八師團第四旅團,旅團長名叫鈴木美通,軍餃少將,另外負責進攻冷口是日軍第十四混成旅團,旅團長名叫服部兵次郎,軍餃也是少將。


當天中午,國民革命軍第29軍的騎兵部隊 迎著潰敗下來的東北軍,一路急行軍趕赴到喜峰口前線。此時喜峰口大部分陣地已經被日軍占領。
e0040579_7225855.jpg



1931年,西北軍殘部在山西受到閻錫山排擠,幾乎生存不下去。走投無路下,西北軍只得投奔實際割據一方的張學良。其中實力最強的宋哲元部被張學良改編,番號為東北邊防軍第三軍,後又稱為國民革命軍第29軍 宋哲元任軍長。29軍下轄2個師,包括二個師,馮治安的37師,張自忠的38師。

由於張學良覺得西北軍不可靠,所以給予他們的待遇很差。在1931年扔給宋哲元50萬大洋的安家費,將其安置在山西東南部以後,就完全撒手不管了。當時山西都是閻錫山的地盤,老閻對這支在自己地盤的軍隊很有戒心,對他們處處防範!西北軍基本無法通過地方政府獲得軍費,當時中央軍一個師的每月軍費就有12萬大洋!張學良給的區區50萬大洋,西北軍二個師不管怎麽節省也是不夠的。這2年內,西北軍數萬將士過真可謂窮困潦倒。

至於士兵的裝備則更差,部隊裝備步槍就多達四種,分別是國產的漢陽造和老套筒,日本三八式步槍,還有少量當年蘇聯援助的莫新納甘步槍。這就這樣拼拼湊湊,步槍數量還是不足。29軍下屬軍工作坊勉強制造的一些土制毛瑟槍充數,這些劣質步槍的射程還不到400米。這些槍械使用的彈藥也多達四種,複雜的彈藥供應讓29軍的後勤人員叫苦不叠!

西北軍的大刀隊正式的名稱是西北軍手槍隊,這是一支以近戰為主要作戰方式的精銳部隊。大家都知道,陜甘一帶都是中國較為貧困的地區,很難供養一支現代化軍隊。西北軍建立初期就遭遇到部隊規模迅速擴大,但是槍械,刺刀等武器數量嚴重不足的問題。馮玉祥當時出於無可奈何,打制了一批大刀裝備部隊,一定程度上彌補了步槍和刺刀數量的不足。

,第二十九軍也是屬于東北軍一部?”鈴木美通點頭問道。
以第37師第109旅趙登禹旅長率特務營及所屬第217團(團長王長海)、第224團(團長董昇堂)和第218團(團長童瑾榮)的1個營與第220團(團長戴守義)的手槍隊攻擊敵陣潘家口。以38師第113旅佟澤光旅長率第226團(團長李九思)和第218團一部出鐵門關,繞攻敵人側背。


1933年春、関東軍は熱河省を掃討することを決し、満洲国軍主力及び第六師団、第八師団、歩兵第十四旅団、騎兵第四旅団による熱河作戦を計画した。2月下旬、第六師団及び騎兵第四旅団は行動を開始し、3月2日に凌源を、3日に平泉を、4日に承徳を陥落させ、3月中旬までに古北口、喜峰口付近の長城線を占領した

長城東の要害の場所では、3月の始めから月末まで、中国軍と日本軍との間で、激烈な争奪戦が繰り広げられた。3月9日、日本軍は喜峰口(?病河峡谷、唐山市と承徳市の間)を奪取。


国民革命軍第29軍の第37師団第109旅団 旅団長 趙登禹 所属の第217骑兵团団長 王長海は、抜刀隊(大刀隊)を率いて、夜、日本軍を襲撃し、喜峰口を奪還した。

抜刀隊の生存者は二十数名だった。3月11日、地元猟師の手引きにより、趙登禹は抜刀隊を率いて左翼から日本軍騎兵隊の陣営を襲撃し、第113旅団 旅団長 ?稲沢光(とうたくこう)は抜刀隊を率いて右翼から砲兵陣地を襲撃した。

这一战由于后期日军使用重机枪疯狂扫射,500大刀队伤亡也不轻,共有400多人伤亡,只有30多人没有受伤

東は鉄門関(山海関)を出て、西に潘家口を過ぎ、山間の小道を迂回して日本軍の後方を包囲し、3000数千を殺し大勝した。

但し、日本側の資料に因れば、死者数名、負傷者20名未満。
e0040579_7244212.jpg


1933年3月4日,日軍佔領熱河,然後進攻北京東北方向的長城各口。3月6日國民革命軍第29軍(軍長宋哲元)的第37師(師長馮治安)第38師(師長張自忠)奉命防守東起冷口,西至馬蘭峪一線。由於裝備不如日軍,守軍以奇襲夜襲對付日軍。

日軍於3月9日奪取喜峰口,當夜第37師第109旅旅長趙登禹所屬團長王長海率大刀隊於喜峰口夜擊日軍,奪回喜峰口。
擊部隊分為三路,由三個旅長分別出擊:由趙登禹旅長率部摧毀日軍炮兵陣地,佟澤光旅長摧毀日軍輜重。一旦二人得手,日軍正面主力必然要回頭救援。此時王治邦旅長率部從中路連夜突進,一舉擊潰日軍,占領主陣地。

當夜,王長海團長挑選了500人的組成大刀隊,分為二隊,分別由副團長孫儒鑫和一營營長王昆山帶領出發。因為需要爬山,大部分大刀隊員連步槍也不帶,只是背著大刀和一些手榴彈。日軍這股部隊由於攻占熱河獲得大勝,對中國軍隊非常輕視,根本沒有想到中國軍隊敢於夜襲。夜里日軍只有少數哨兵警戒,大部分都在屋里熟睡。大刀隊先用大刀砍死哨兵,接著全軍沖鋒。

500多人的大刀隊僅生還二十餘人。3月11日當地獵戶關仁景,於連貴等自告奮勇為嚮導,趙登禹率左翼大刀隊襲日軍步騎兵營地,第113旅旅長佟澤光率右翼大刀隊襲日軍炮兵陣地。

東出鐵門關,西過潘家口,由山間小路迂迴至敵後包抄日軍,宣稱殲敵數千,為喜峰口大捷。而據日方資料,日軍損失為死亡數人,傷不到20人。怎麼可能是「明治造兵以來,皇軍名譽盡喪喜峰口外,遭受60年來未有之侮辱。」《朝日新聞も認めざるを得ない「明治大帝造兵以来、皇軍は入り口喜峰喪名誉尽くし、60年ぶりの侮辱を受け。」


「918事件」以来、国民党軍は連戦連敗だったが、喜峰口の大勝は、全国人民の抗戦の心を奮い立たせた。古北口(潮河峡谷、北京市密雲県)・独石口・冷口も、激戦を繰り広げ、粘り強い守備に努めた。

日本軍は承徳方面から第31・第8連隊を送り、並びに、騎兵隊・装甲車10余輌、飛行機20機、蒙古・朝鮮連合軍の総兵力1万余名の軍勢で、長城 羅文峪(らぶんよく)に進撃した。

3月17日から19日、中国側は第29軍配下の二軍及び、第37師団所属の一隊、第38師団所属の一隊を含む6000の兵で、羅文峪一帯の長城で迎え撃った。

血戦三日、29軍は日本軍3000余りを斬って日本軍を撃退し、死傷者1700余名を出しながらも羅文峪を守った。一方、日本軍は灤東(らんとう)に向かって突破口を開き、4月7日再び喜峰口を攻め、4月13日、29軍は撤退した。

5月下旬、日本軍は絶え間なく増兵し、長城の抗戦部隊は腹背に敵を受け、撤退を余儀なくされた。国民党当局は遂に5月31日、日本と《塘沽協定(とうこきょうてい)》を結び、事実上満州国を承認し、同時に、長城以南の華北の広大な地域は、非軍事区となり、中国は進駐する事はできず、日本軍は出入り自由となった。

山口氏が習近平氏に頭を垂れている事ではなく、中国で中国軍が日本人を斬り殺したと伝えられている「喜峰口」の壁画の前で、日本の議員が中国国家主席に頭を下げている事が問題なのです。

台湾の報道では、この壁画の題材を、中国の抜刀隊500名が、日本軍3000名を斬り殺し勝利した「喜峰口」である、と報じています。長城抗戰歷經5個月,最後以訂立喪權辱國的《塘沽協定》而告結束。這次失敗,不僅使中國兵員損失巨大,而且給以後華北的局勢帶來了災難性的後果。《塘沽協定》的簽訂,使中國失去了熱河全省和冀東22個縣的領土。

太平洋戦争前の1941年(昭和16年)9月19日、第8師団は第25師団とともに第20軍の戦闘序列に編入されて、掖河に移駐した。以後、満州守備の中核部隊として満州国内にて対ソ戦の訓練や抗日パルチザン掃討等の治安維持活動に従事していた。

1944年(昭和19年)2月に、絶対国防圏の防衛強化のため第3派遣隊の編成を命じられ、第8歩兵団司令部と隷下歩兵連隊の各1個大隊、野砲兵第8連隊第1大隊、工兵第8連隊第2中隊を抽出された。第3派遣隊はエンダービー島に展開し、同年6月に独立混成第11連隊(通称号:備17585部隊)に改編された。エンダービー島では補給途絶のため飢餓と熱帯病に苦しみ、多くの戦病死者を出した。同年9月にチューク諸島(トラック島)に主力は転進し、以後、終戦まで陣地構築などを行った。

1944年(昭和19年)7月から、師団本隊はフィリピン戦線に投入された。レイテ島の戦いに歩兵第5連隊基幹の高階支隊を増援として送ったが、支隊はアメリカ軍や抗日ゲリラによって即座に殲滅された。なお、同支隊はレイテに投入された最後の陸上戦力である。師団主力はルソン島南部に第41軍の中核として展開した。第8師団はルソン島の戦いでアメリカ軍や抗日ゲリラとの戦いでなす術なく消耗していき、全滅寸前で終戦を迎えた。
第8師圑在1898年10月1日編成,是第一次中日戰爭後產生的6個後備師圑之1,它包括來自日本 東北地區的士兵,主要是青森縣、秋田縣和山形縣。它的第1任指揮官是立見尚文將軍,是原仙台駐軍的司令員。

第8師團因1902年1月在八甲田山的行軍訓練,發生悲劇性的八甲田山事件,其第5步兵團的210人中有199人凍死。著名作家新田次郎在小說中使這件事成為不朽的故事。

在日俄戰爭期間,第8師團本身在著名的黑溝台會戰和隨後的奉天會戰。從1910年起,它被分派到韓國駐守,亦參加了西伯利亞出兵。

在1931年的九一八事變之後,第8師團派出其第4混成旅團參加入侵滿洲的行動及其主力於1932年加入,當時它駐紮在滿州及受關東軍指揮。在那裡,它參加了穩定新成立的滿洲國的行動。它的第32步兵團於 1937年被轉移到新成立的第24師團。

1944年9月,第8師團被重新分配到菲律賓、由山下奉文大將指揮的第14方面軍,它被分別部署在呂宋島和雷伊泰島。在雷伊泰島戰役和馬尼拉戰役中對抗菲律賓和美國聯合部隊中,第8師團幾乎全軍覆沒,並作為1個行動單位已不復存在。

在歷史上第8師團有一些較值得注意的指揮官包括立見尚文、真崎甚三郎和前田利為 。
[PR]
by cwj36 | 2009-12-30 20:23 | 資源回收


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30