拿破崙全軍破敵戰略地圖初裡

e0040579_35497.png


台灣教科書是這樣寫的:「民國26年7月7日晚11時,日軍於北平盧溝橋一帶進行演習,藉口一名士兵失蹤,要求進入宛平縣城搜查,吉星文團長嚴詞拒絕,日軍惱羞成怒,國軍奮勇還擊。」

1935年11月9日に中華民国上海共同租界で、日本海軍の中山秀雄一等水兵が中国人により殺害された事件。
1936年(昭和11年)8月24日に四川省成都でおきた、日本人4名が殺傷された排日事件である。

1936年9月3日に起きた中国広東省北海における日本人殺害事件である。
1936年9月19日に中華民国湖北省漢口で発生した日本人領事館警察官殺害事件[
1936年9月23日に中華民国上海共同租界で発生した出雲號日本人殺傷事件上海日本人水兵狙撃事件

1937年7月6日、7月7日、日本軍支那駐屯軍所属の豊台に駐屯していた第3大隊(第7、8、9中隊、第3機関銃中隊)および歩兵砲隊は、北平の西南端から10余キロにある盧溝橋東北方の荒蕪地で演習を実施した。この演習については日本軍は7月4日夜、中国側に通知済みであった。第3大隊第8中隊(中隊長は清水節郎大尉)が夜間演習を実施中、午後10時40分頃永定河堤防の中国兵が第8中隊に対して実弾を発射し、その前後には宛平県城と懐中電灯で合図をしていた。そのため清水中隊長は乗馬伝令を豊台に急派し大隊長の一木清直少佐に状況を報告するとともに、部隊を撤収して盧溝橋の東方約1.8キロの西五里店に移動し7月8日午前1時ごろ到着した。7月8日午前0時ごろに急報を受けた一木大隊長は、警備司令官代理の牟田口廉也連隊長に電話した。牟田口連隊長は豊台部隊の一文字山への出動、および夜明け後に宛平県城の営長との交渉を命じた[7]。

事態を重視した日本軍北平部隊は森田中佐を派遣し、宛平県長王冷斉及び冀察外交委員会専員林耕雨等も中佐と同行した。これに先立って豊台部隊長は直ちに蘆溝橋の中国兵に対しその不法を難詰し、かつ同所の中国兵の撤退を要求したが、その交渉中の8日午前4時過ぎ、龍王廟付近及び永定河西側の長辛店付近の高地から集結中の日本軍に対し、迫撃砲及び小銃射撃を以って攻撃してきたため、日本軍も自衛上止むを得ずこれに応戦して龍王廟を占拠し、蘆溝橋の中国軍に対し武装解除を要求した。この戦闘において日本軍の損害は死傷者十数名、中国側の損害は死者20数名、負傷者は60名以上であった。


第8中隊は中隊長清水節郎大尉の指揮により、予定を変更して午後7時30分に、龍王廟付近から東方に向かって演習を開始した。

盧溝橋付近に駐屯していた国民革命軍第二十九軍に属する第三十七師[74]第二百十九団の一部は盧溝橋の北およそ1Kmの龍王廟に陣を構えていたが[75]、第8中隊は午後10時30分ごろ、前段の演習が終了したので、各小隊および仮設敵に演習中止・集合を伝令によって伝達した。

中隊で人員の点検を行うと、第1小隊長の伝令志村菊次郎二等兵が行方不明であることが判明した。そのため中隊長は志村二等兵を捜索するとともに、状況を一木清直大隊長に報告するため、岩谷兵治曹長と内田市太郎一等兵を乗馬伝令として豊台に急派した。用便を済ませた志村二等兵は約20分後に発見された。しかしこのことは大隊長に報告されなかった。清水中隊長は部隊を撤収して盧溝橋の東方約1.8キロの西五里店に移動し7月8日午前1時ごろ到着した。

7月8日午前0時ごろに急報を受けた一木大隊長は、警備司令官代理の牟田口廉也連隊長に電話した。牟田口連隊長は豊台部隊の一文字山への出動、および夜明け後に宛平県城の金振中第3営長との交渉を命じた。
午前2時すぎ、一木大隊長は西五里店西端において清水中隊長と出会い、やがて到着した第3大隊主力を掌握し、午前3時20分、一文字山を占領して夜明けを待った[66][7]。
豊台の部隊長は部下と共に現地に赴き中国軍に無法な行為について詰問抗議すること、事件を知った牟田口部隊長は部隊で演習に参加しなかった者を北平東側に集合させ、森田中佐に冀察政務委員会の代表を現場に同行させて謝罪、事実確認などの交渉を行わせることが決められた[75]。
7月11日、現地の交渉で、中国側は日本側の要求を受け入れ、現地協定が調印された。
「1937年7月7日晚10時40分許,日本陸軍中國駐紮步兵第一連隊第三大隊第八中隊在北平西南12公里的盧溝橋北側,永定河左岸荒地進行了夜間軍事演習。演習結束後,在河畔的龍王廟方向突然響了三發槍聲。隨後清水節郎中隊長,野地第一小隊長等人看到在河畔和盧溝橋城牆之間,有人用手電筒發出明暗交替的光亮,隨即判斷為中方軍隊士兵在用暗號互相聯絡。之後又有十幾發子彈從龍王廟方向射出,日軍未予以反擊。清水中隊長派遣岩谷曹長和兩名傳令兵馬上向丰台駐軍報告。收到報告的牟田口廉也第一連隊長在聯絡北平特務機關後,決定在天亮後與宛平縣縣長王冷齋一同前往事發現場。

隨後清水中隊長率隊向東面的西五里店轉移,與從丰台趕來的第三大隊在一文字山會合。凌晨3時25分,龍王廟方向又有3發射擊。牟田口連隊長認為頻頻出現的射擊目的在於進攻日本軍隊,於是在4時20分下達了戰鬥命令。

此時之前由森田中佐帶領的對中談判代表到達了該地區,森田中佐作為代理連隊長命令禁止裝填子彈。日軍代表隨即要求中方將集結在盧溝橋周圍的部隊撤走,但該地區的中方部隊已開始從龍王廟附近及長辛店高地方向開始對日軍陣地進行迫擊炮炮擊。日軍開始還擊的時間是1937年7月8日凌晨5點30分。戰鬥開始後,日軍殲滅了龍王廟附近的中方部隊,進入永定河右岸,包圍了盧溝橋。從被擊斃的士兵身上搜出的證件表明,該士兵屬於二十九軍正規軍。至此中方戰死20名,負傷60名左右。

5時30分,日軍第8中隊開始向中方軍隊進攻,雙方進入全面衝突,戰鬥持續2個小時後逐漸沉靜。

上午9點半,中方提出停戰,雙方進入僵持狀態。」
1941年12月太平洋戰爭爆發,他再度被征入伍,並被派到緬甸前線去作戰。這時他任憲兵伍長。 1944年1月31 日在阿拉幹山脈布其頓附近戰死。1944年、二度目の召集でビルマ戦線で戦死。
村の個人的理由によるものである。これは具体的に言うと、トイレに行っていた、道に迷った、穴に落ちたなどの説がある

(右的文章,與在昭和十二年七月八日的中國方面新聞「亜州新報」晚報被刊登的內容大體上一樣。當時讀這個報紙的寺平大尉責難發行人林耕宇的地方,林坦白是記者的創作謝了罪。可是是不單純的記者的創作秦德純的當時不是由政府發表東西嗎)冀察政務委員會外交委員會主任魏宗瀚和負責對日交涉的專員林耕宇

[PR]
by cwj36 | 2009-12-13 01:50 | 資源回收


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30