日本西南戰爭-田原坂戰役

(施工中)



1877年(明治十年),薩摩不平士族攻擊鹿兒島的明治政府軍火藥庫,揭開日本內戰-西南戰爭序幕。

田原坂戰役是最後的武士西鄉隆盛和他的舊士族叛軍失敗的關鍵一役。

西鄉隆盛回到鹿兒島統率士族們,被舊薩摩藩士族推為首領,發動反政府的武裝叛亂,史稱西南戰爭。以「質問政府」(清君側)為名揮軍北上,在西南戰爭最大的激戰地田原坂中,出現了明治政府方面預料以外的戰鬥,即為發生白刃戰。

当時、大砲や軍事物資を載せた馬車の通る広い道はこの道しかなく、田原坂の強行突破を計る官軍は、左右の高い土手や正面の雑木林から姿の見えない薩軍に銃撃され、退却しようとすると前後に回り込んだ薩摩兵に切り込み攻撃を受けこの坂を抜くことができず、何の変哲もないわずか1.5キロメートルのこの坂を巡って、3月4日から17昼夜にわたる激しい攻防戦が展開されたのです。

明治官軍方面多為沒有白刃戰經驗的新兵。另一方面,舊士族所編成的西鄉隆盛反政府軍是以揮舞武士刀進行斬殺。

急行軍到熊本城增援的政府軍,在田原坂遇到了強大叛軍的阻擊,從3月11日開始,浴血奮戰了六天六夜。




(明治政府軍拔刀隊)


為了與薩摩武士對抗,明治政府於戰場上動員的警察為聚集起來的舊士族,臨時編成拔刀隊,對抗舊日本武士薩摩軍(西郷軍),展開了驚人的肉博死鬥。

拔刀隊這支佩發了值勤用的長刀的警察部隊由此得名字,在田原阪戰役中,以白刃戰兇狠而聞名。

當時的明治政府軍步兵第14連隊連隊代理連隊長乃木希典陸軍少佐在田原阪附近名叫“植木”的地方和西鄉軍遭遇。

步兵第14連隊的軍旗因旗手戰死而被西鄉軍奪走,最終下落不明。之後雖然被重新授予軍旗,但乃木希典終生背負著這個污點,並引以為恥。

3月4日、政府軍が吉次本道から薩軍を攻撃したので、篠原は外套を被り、銀装刀を揮い、陣頭に立って部隊を指揮した。このときの赤裏の外套が目印となって政府軍の狙撃を受けて戦死した。享年42。

西鄉隆盛反政府軍薩軍では副司令智勇雙全的名將篠原国幹也在這裏戰死。

3月20日、現在、薩軍墓地のある柿木台場が陥落したことにより、田原坂本道方面を守る薩軍が背後からの攻撃を受け敗走するに至り、最後まで、官軍は田原坂本道を抜くことはできなかったのです。
ここ田原坂の戦いでは死傷者6千5百人にものぼる壮烈な戦いがくりひろげられました。

白兵抜刀攻撃に対抗するため、官軍は士族出身の兵卒を選び抜刀隊を組織したが、討ち破られたため、3月13日、新たに警視抜刀隊を組織した。

3月14日、官軍は田原坂攻撃を開始したが、結局横平山を占領することはできなかった。しかし、警視抜刀隊が薩軍と対等に戦えることが分かった。のちにこの時の抜刀隊の功を称えて有名な抜刀隊の歌が作られた。

拔刀隊是一首在日本西南戰爭時流行於警視廳拔刀隊中的軍歌名稱。其後編曲成進行曲(陸軍分列行進曲)成為大日本帝國陸軍正式進行曲使用,亦為現在的陸上自衛隊,及包含了與拔刀隊有所淵源的警視廳警察所使用。

而使用了該曲的進行曲,是使用了其前半部分,而後半部分編曲因配合騎兵於閱兵式中行進的襲步而合成(其部分的旋律不是「拔刀隊」的關係)「閱兵式進行曲(觀兵式行進曲)」。



(大日本帝國陸軍正式進行曲)


抜刀隊_陸軍分列行進曲

拔刀隊是一首在日本西南戰爭時流行於警視廳拔刀隊中的軍歌名稱。
[PR]
by cwj36 | 2009-07-04 23:29 | 【日本幕末維新】


風林火山(WTFM )Total War網戰大台灣國「進出」日本國網路無料租界文章資料庫~超級非常大東亞共榮圈,這裡是WTFM國jp使館區【非中文 大台灣民国漢字版 】
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31